岡嶋形徒、プロデビュー戦&対抗戦の先鋒戦で勝利を飾る「不器用ながらなんとか勝つことができた。次からは面白い試合をする」

2019.09.28

 9月28日(土)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて「K-1 KHAOS NIGHT.9」の一夜明け会見が行われた。

 AbemaTV「格闘代理戦争」の卒業生たちがプロデビューしK-1選抜選手と対抗戦で激突した今大会で、先鋒としてK-1選抜・秀樹と対戦した岡嶋形徒。序盤のラウンドは両者共に動きが固く、強打を警戒する展開が続いたが、3Rに入ると岡嶋が右ストレートでダウンも奪って判定勝利でデビュー戦を飾った。

 一夜明け会見で岡嶋は「昨日の試合は不器用ながらちょっとづつ組み立てが出来たかなと思いました。内容は全然駄目だったんですけど、デビュー戦は何とか勝てて良かったです」とデビュー戦を振り返る。

 初めてのプロのリングに「めっちゃ緊張しました」という岡嶋は「格闘代理戦争があったから、まだあれくらいの緊張ですんだのかなって思います。あの舞台で戦えて良かったです」と格闘代理戦争の経験が今回の試合でも活きたと語った。

☆記者会見動画の視聴URLはこちら▷https://youtu.be/kqpdpX2LOIY

岡嶋形徒
「昨日の試合は不器用ながらちょっとづつ組み立てが出来たかなって思いました。(対戦相手の印象は?)対戦相手の秀樹選手は凄いパワーがあって強かったです。(プロデビュー戦を終えて現在の心境は?)内容は全然駄目だったんですけど、デビュー戦は本当に何とか勝てて良かったです。

(序盤のラウンドが固かったように見えたがやはり緊張していた?)そうですね。めっちゃ緊張しました。(格闘代理戦争での経験は自分にとってどんなものだった?)格闘代理戦争があったから、デビュー戦でもあのくらいの緊張ですんだのかなって思います。あの舞台で戦えて良かったです。

(格闘代理戦争の新シリーズに出場を考えている選手達に何かメッセージは?)知名度も上がるので出た方が良いと思います。(今後の目標は?)昨日は全然面白い試合が出来なかったんで、次から気をつけて面白い試合します。(ファンの皆さんにメッセージは?)昨日は遠いところから来てくれた方とかありがとうございました。またよろしくお願いします」

 

選手登録