榊原達也、K-1カレッジ王者・内田道隆とのテクニシャン対決を制してデビュー戦に勝利!「デビュー戦を戦って、このままじゃKRUSH・K-1に出場すら出来ないと思った。もっと練習を頑張って、KO勝ち出来る選手になりたい」

2019.09.28

 9月28日(土)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて「K-1 KHAOS NIGHT.9」の一夜明け会見が行われた。

 AbemaTV「格闘代理戦争」の卒業生たちがプロデビューしK-1選抜選手と対抗戦で激突した今大会で、K-1カレッジ王者の内田道隆と対戦した榊原達也。互いに鋭い攻撃とテクニックを見せる拮抗した試合展開が続いたが、3Rに榊原が前蹴りと右ボディで腹を効かせてダウンを奪って判定勝ちを収めた。

 一夜明け会見で「色々プレッシャーがあって、身体も思うように動かなかった。内田道隆選手はとても技術があって強い選手で、自分の狙っていたパンチや攻撃が中々当たらなかった」と試合を振り返った榊原。
 
 試合終了間際に奪ったダウンについては「最初は顔面のパンチでのKOを狙ってたんですけど、最終ラウンドにボディが効いてることに気付けて、それで最後ギリギリでダウンを奪えました」と冷静に相手のダメージを見て狙ったものだったと明かした。

 格闘代理戦争をきっかけに、一度離れていた格闘技への道に戻ってきた榊原は「本当に格闘代理戦争のおかげで人生変わった」と格闘代理戦争への感謝の言葉を述べ、10月26日からスタートするAbemaTV「格闘代理戦争 K-1 FINAL WAR」への出場を考えている選手達には「本当に人生を変えるチャンスだと思うので、まだ迷っている人がいたら踏み込んでチャレンジしてみるのも良い」とメッセージを送った。

☆記者会見動画の視聴URLはこちら▷https://youtu.be/kqpdpX2LOIY

榊原達也
「昨日の試合はK-1関係者の皆様、応援してくれた人たち、そして対戦相手の内田道隆選手、ありがとうございました。KOすると言って有限実行出来なかったんですけど、何とか勝つことができました。(試合の内容を振り返っての感想・対戦相手の印象は?)やはりプロデビュー戦ということで色々プレッシャーがあって、身体も思うように動かなかったんですけど、最終ラウンドにダウンを奪えて判定勝ち出来ました。内田選手はとても技術があって強い選手で、自分の狙っていたパンチや攻撃が中々最初当たらなかったんで、凄い研究してきたのかなって印象ですね。

(最後のダウンは完全にボディ狙いに切り替えていた?)そうですね。最初は顔面のパンチでのKOを狙ってたんですけど、最終ラウンドにボディが効いてるのに気付いて、最後ギリギリでダウンを奪えた感じですね。

(格闘代理戦争がきっかけで格闘技に戻ってきた一人だと思うが、自身にとって格闘代理戦争はどんな経験になった?)本当に格闘代理戦争のおかげで人生変わったと思います。本当におっしゃるとおり(格闘代理戦争がなければ)もう格闘技をやることはなかったんで、本当に人生変わったかなっていう感想です。(次回の格闘代理戦争に出場を考えている選手達に何かメッセージは?)本当に人生を変えるチャンスだと思うので、まだ迷っている人がいたら踏み込んでチャレンジしてみるのも良いと思います。

(今後の目標や理想の選手像は?)昨日試合をしてみて分かったんですけど、まだまだ全然このままじゃKRUSH・K-1に出場すら出来ないと思ってるので、もっともっと練習頑張って、応援してくれる人たちのためにもKO勝ちを出来るように頑張って行きたいです。(ファンの皆さんにメッセージは?)昨日の試合は応援ありがとうございました。また少し休んでから練習頑張って、KO出来るように頑張ります」

 

選手登録