「K-1 KHAOS NIGHT.9」9.27(金)新宿<K-1選抜vs格闘代理戦争・7対7全面対抗戦>格闘代理戦争の卒業生たちが大躍進!大将戦は松本日向が橋本実生に激勝

2019.09.28

 9月27日(金)東京・新宿FACEにて「K-1 KHAOS NIGHT.9」が開催された。

 今大会では[K-1選抜vs格闘代理戦争・7対7全面対抗戦]として、AbemaTV「格闘代理戦争」4thシーズンの卒業生たちがプロデビューし、K-1選抜選手と対抗戦で激突した。

 プロ選手を相手にその実力やいかにと思われた格闘代理戦争チームだが、先鋒の岡嶋形徒から稲垣柊、此尾昂希と3連勝。勝ち越しに王手とする。K-1選抜も中堅戦の久保一馬、続いて提髪和希が意地を見せたが、副将戦で格闘代理戦争の榊原達也が判定勝ち。大将戦を待たずに格闘代理戦争が勝ち越しを決め、実力の高さを証明した。

 メインイベントはK-1選抜・松本日向と格闘代理戦争・優勝チーム「TEAM武尊」の橋本実生による大将戦。K-1カレッジ王者としてK-1選抜に選ばれた松本だが、格闘代理戦争にも「皇治軍団」の一員として出場。TEAM武尊と皇治軍団が対戦した準決勝では、松本が負傷欠場したため橋本との対戦は実現に至らず。“幻の一戦”が今回の対抗戦・メインイベントで実現の運びとなった。

 実力伯仲の両者は1Rから一進一退の攻防を展開。戦いは延長戦に突入となり、終盤にパンチのヒットで上回った松本が2-1で判定勝ちを収めた。

☆全試合結果・写真・試合映像・レポート
https://www.k-1.co.jp/khaos/result/16497/

 

選手登録