「K-1 KHAOS NIGHT.9」9.27(金)新宿<K-1選抜vs格闘代理戦争・7対7全面対抗戦>K-1選抜・山下和希「格闘代理戦争の選手はデビュー前から良い価値をつけられた馬。なかなか勝てない2歳馬の自分がケツからまくったろうと思います」

2019.09.24

 9月27日(金)東京・新宿FACEにて行われる「K-1 KHAOS NIGHT.9」の[K-1選抜vs格闘代理戦争・7対7全面対抗戦・次鋒戦/K-1 KHAOS NIGHTライト級/3分3R・延長1R]で格闘代理戦争・稲垣柊と対戦するK-1選抜・山下和希のインタビューを公開!

──6月のKHAOS新宿大会「Money in the KHAOS ROYAL」では準決勝で敗れてしまいましたが、あのトーナメントを振り返っていただいていかがでしたか?

「ノーガードで行き過ぎた反省点はありましたけど、前に出て戦えたからいいかなって。防戦一方でやられるよりは自分からギャンブルに出れたなって感じです」

──一回戦をクリアできたという意味で手応はありましたか?

「う~ん…もうちょっと自分から行きたかったなというのはありますね。守りに入っちゃった部分もあったんで」

──トーナメントが終わったあと、気持ち的にはまたすぐに試合をしたいと思っていましたか?

「はい。自分が準決勝で負けた龍華選手はK-1甲子園も獲って、これから上に行く選手だと思うんですけど、完璧に実力差で負けたかと言われたら、別にそこまで差はねえなって思いました」

――今回はK-1選抜vs格闘代理戦争の対抗戦という形で試合が決まりました。最初にこの話を聞いた時はどう感じましたか?

「別に誰が相手でも大丈夫だし、僕は相手を選ばないんで、やらしていただけるならぜひって感じでした」

──格闘代理戦争の選手と絡むことについてはいかがでしょうか?

「プロに近いルールでやってるんで、デビュー戦でも強いだろうなって思います。相手の稲垣選手も当日計量であそこまで強い試合をしてたんで立派だな、と。一番プロに向いてるんじゃないかなと思って見ていました」

──実際に対戦相手として見た稲垣選手の印象はいかがですか?

「身長が高くて良い選手だなっていう感じですね。ただ自分は守りに入るつもりはないし、攻め続けて心をへし折ろうと思ってます」

──ここからの目標を聞かせてください。

「自分は大阪出身なんですけど、大阪で試合をしたのがデビュー戦くらいしかないんですよ。だからここでしっかり勝って、大阪で試合をしたいですね」

――格闘代理戦争のメンバーはデビュー前から注目を集めていますが、対抗意識はありますか?

「競馬で言ったら格闘代理戦争の選手はデビュー前から良い価値を付けられた馬で、逆に僕たちはなかなか勝てない2歳馬かな、と。でも同じレースを走れば勝負は分からないし、しっかりガーン!とケツからまくったろうかなと思います」

 

選手登録