「K-1 KHAOS NIGHT.9」9.27(金)新宿<K-1選抜vs格闘代理戦争・7対7全面対抗戦>K-1選抜・内田道隆「今はちゃんと下積みをやった方がいい思うし、ゆっくりしている性格なんで……まだ目立たなくていいです(笑)」

2019.09.21

 9月27日(金)東京・新宿FACEにて行われる「K-1 KHAOS NIGHT.9」の[K-1選抜vs格闘代理戦争・7対7全面対抗戦・副将戦/ K-1 KHAOS NIGHTフェザー級/3分3R・延長1R]で格闘代理戦争・榊原達也と対戦するK-1選抜・内田道隆のインタビューを公開!

――6月のKHAOSでのプロデビュー戦は判定勝利という結果でした。あの試合を振り返っていただけますか?

「最初の1Rは良い感じだったんですけど、スタミナ面で2・3Rは押し返されちゃったかなって感じです。直すところはたくさんあるんですけど、スタミナ強化が一番ですね」

――内田選手は2017年にK-1カレッジで優勝して、プロデビューまで時間がかかりましたよね。何か進路のことで悩んでいたのですか?

「プロにはなりたかったんですけど学校の方が忙しくて。それで最終的に大学を卒業してからプロデビューしようと思いました」

――プロとして格闘技を続けることに迷いはなかったですか?

「そのまま普通に就職しても面白くないかなと思ったし、チャンピオンになれるかどうかは分からないですけど、どこまでいけるかやってみようと思いました」

――今回はK-1選抜vs格闘代理戦争の対抗戦という形で試合が決まりました。

「プロ2戦目でこんな目立つ試合に選ばれるとは思わなかったですけど、ここで目立てば次に活かせるかなと思います」

――格闘代理戦争はご覧になっていましたか?

「全部見ていたわけではないですけど、気になる試合は幾つか見ていました。対戦相手も決まって、しっかり対策を練っていきたいと思います」

――格闘代理戦争のメンバーはデビュー前から注目を集めていますが、対抗意識はありますか?

「そういう対抗意識はないですね。僕は4~5戦目くらいまでは目立たなくてもいいかなって感じなんで。今はちゃんと下積みをやった方がいい思うし、ゆっくりしている性格なんで……まだ目立たなくていいです(笑)」

――これからプロで戦っていく上での目標を聞かせてもらえますか?

「K-1 JAPAN GROUPで戦っているので、K-1 JAPAN GROUPのチャンピオンを狙っていきたいです。まだまだレベルが低いのでちゃんと実力をつけてベルトを獲りに行きます」