プロデビュー戦で会場を沸かせた鈴輝勇太が一夜明け会見に登場「たくさんの人から暖かいメッセージをいただいて、瑠輝也くんに『心を打たれた』と言ってもらえた。ただ負けて悔しいので、いつか龍華選手にリベンジしたい」

2019.06.02

 6月2日(日)東京・新宿区のGENスポーツパレスにて、東京・新宿FACE「K-1 KHAOS NIGHT.8」の一夜明け会見が行われた。

 優勝者ファイトマネー総取り&前日抽選で対戦相手が決まる1DAYトーナメント<Money in the KHAOS ROYAL>。team ALL-WINの鈴輝勇太はプロデビュー戦ながら、気持ちの強さを前面に出す激闘の連続で決勝進出。決勝の龍華戦でも1Rにダウンを奪われながら、驚異的な気持ちの強さを見せて盛り返し、敗れはしたものの観客の心を揺さぶる試合を見せた。

 一夜明け会見に出席した鈴輝は顔の腫れがひどいことからマスク着用で登場。「一回戦はKO勝ちでデビュー戦を飾れて良かったんですけど、決勝戦ではダウンを取られて巻き返せなかった」と過酷なワンデートーナメントを振り返る。

 試合後には「SNSで暖かいメッセージをたくさんの方からいただいて、本当に嬉しかった」と反響が大きかったことを明かし、ジムの代表・安保瑠輝也からも「心を打たれたわ」と称えられたという。

 今後について鈴輝は「昨日の経験を糧にして、次はもっと上手に戦いつつ、KOを狙って倒しに行きたい。ガンガン前に出るスタイルは変えるつもりはないです」と力強く明言すると、地元・K-1大阪大会への出場を目標に掲げた。

「一回戦はKO勝ちでデビュー戦を飾れて良かったんですけど、決勝戦ではダウンを取られて巻き返せませんでした。本当に悔しいんで、いつか龍華選手にはリベンジしたいですね。(試合後のSNSや周りの反響は?)SNSで暖かいメッセージをたくさんの方からいただいて、本当に嬉しかったですね。試合後、瑠輝也くんに怒られるかなと思ったんですけど、意外と褒めてくれて『心を打たれたわ』って言ってもらえて良かったです。

(決勝戦で1Rにダウンを取られた後は意識はあった?)はい、全然ありました。ただ1Rはちょっと疲れてましたね。(トーナメントは大きな経験になった?)デビュー戦でワンデートーナメントに参加させていただいて、1日3試合もキャリアを積むことができました。自分は経験値が少ないんで、しっかり経験させてもらって、本当に昨日は試合に出られて良かったなと思ってます。ただ決勝で負けたことが悔しいです。

(龍華にリベンジしたい?)お互い万全の状態でワンマッチでいつか再戦したいですね。龍華選手は一回戦も1RKO、二回戦も1RKOだったんで、次は万全の状態でやりたいです。(今後はどういったファイターを目指す?)昨日は気負いすぎて技術面を全然見せられなくて、動きも固くて下手クソな戦い方になってしまいました。本当はもうちょっと綺麗に戦えるんで、昨日の経験を糧にして、次はもっと上手に戦いつつ、KOを狙って倒して行きたいです。ガンガン前に出るスタイルは変えるつもりはないです。

(今後の目標は?)自分は上京せずに大阪で練習してるんで、K-1大阪大会には是非出たいです。それが今の一番最大の目標です。(ファンの皆様にメッセージは?)昨日はデビュー戦にもかかわらずたくさんの方が応援に来てくれて、SNSでもたくさんのメッセージをいただいて本当に嬉しく思います。ありがとうございます。これからもっと練習して頑張って強くなって行くんで、これからも応援してくれると嬉しいです」