「KHAOS.7」11.17(土)新宿<BATTLE of KHAOS>チームペガサス 絶対に折れない心を持つ男・将-masa-とWSR九州の秘蔵っ子・竜樹が一騎打ち!「骨は折れても心は折れない」(将)vs「自分の名前を上げるためにインパクトを残す」(竜樹)

2018.10.04

 10月4日(木)東京・新宿のGSPメディアセンターにて、11月17日(土)東京・新宿FACEで開催される「KHAOS.7」の記者会見が行われた。

 今大会では「BATTLE of KHAOS」(バトル・オブ・カオス)として5vs5のジム別対抗戦を実施。会見には対抗戦に出場するK-1ジム総本部チームペガサス・梶原龍児代表とWSR(ウィラサクレック)フェアテックスジムのウィラサクレック・ウォンパサー代表も出席し、両代表同席のもと、両軍の総勢10選手が試合への意気込みを語った。

 対抗戦の副将戦はK-1ジム総本部設立前から梶原代表のもとで格闘技を続けてきた将-masa-とWSRフェアテックス九州の所属で幼少期からアマチュア大会で実績を積んできた18歳・竜樹との一戦となった。

 会見では梶原代表が将を「10年以上の付き合いがあるんですけど、掴みどころがない本当にKHAOS(混沌)みたいなやつですが、試合に関しては自信があります。将の試合は感動するんです。彼は試合で実力以上のものを出そうとして、それがリングに出る。彼が歩んできた人生を見てほしいです」と紹介。一方のウィラサクレック代表は「子供の頃からアマチュアで試合をしていて何でもできる。みんな見たらびっくりすると思います」と竜樹の実力に太鼓判を押した。

将-masa-
「対抗戦のメンバーに選んでくれた龍児さんに感謝しています。でも対抗戦でも対抗戦じゃなくても個人的にやることは変わりません。試合は個人の問題です。しっかり倒していい結果を出して、次につなげたいです。(自分のどこをアピールしたい?)気持ちだったら絶対に負けないです。前回の試合も1Rで骨が折れたんですけど、絶対に気持ちは折れませんでした。(ファンのみなさんへのメッセージは?)今大会で一番面白い試合をします。格闘技を通じて知り合った人もいるので、そういう人たちにも良いところを見せられるような試合をします」

竜樹
「KHAOS初参戦なんですけど、自分の名前を上げるためにインパクトを残す試合をするので応援よろしくお願いします。(対抗戦に選ばれた心境は?)僕が選ばれたんだなって感じです。対戦相手は僕よりキャリアが長いですけど、しっかり倒して自分の名前をあげたいと思います。自分も気持ちでは絶対に負けないんで、相手の腕を折ってやろうかなと思います。 1Rからガンガン打ち合ってWSRジムの強さを見せるので応援よろしくお願いします」

 将が折れない心で勝利を掴み取るか? それとも竜樹がウィラサクレック代表の言葉通りの実力を見せつけるか?

 

選手登録