「KHAOS.7」11.17(土)新宿<BATTLE of KHAOS>チームペガサスの高校1年生・大庭龍華が先鋒戦でプロデビュー!WSR向井貫太と激突!「僕は倒して勝てる選手」(大庭)vs「ムエタイの技を駆使して勝つ」(向井)

2018.10.04

 10月4日(木)東京・新宿のGSPメディアセンターにて、11月17日(土)東京・新宿FACEで開催される「KHAOS.7」の記者会見が行われた。

 今大会では「BATTLE of KHAOS」(バトル・オブ・カオス)として5vs5のジム別対抗戦を実施。会見には対抗戦に出場するK-1ジム総本部チームペガサス・梶原龍児代表とWSR(ウィラサクレック)フェアテックスジムのウィラサクレック・ウォンパサー代表も出席し、それぞれ以下のように挨拶した。

梶原龍児
「今回の対抗戦の青コーナーに選出していただいて感謝しています。自分も現役時代に大将格で対抗戦に出たことを思い出します。対抗戦は試合当日の団結力や仲間が勝っていく上での焦燥感や孤独があって、それを乗り越えたことが自分の成長につながりました。それを自分の生徒たちに経験させられることがうれしいです。僕も現役時代のちに世界チャンピオンになるWSRジムの選手とも試合をしています。またチームペガサスはWSRジムと相性がいいと思っているんで全勝狙っています」

ウィラサクレック・ウォンパサー
「日本初のムエタイジム、WSRジムのウィラサクレック・ウォンパサーです。今回の対抗戦では負けないように頑張ります。ムエタイがナンバーワン!」

 そして両代表同席のもと、両軍の総勢10選手が試合への意気込みを語った。

 対抗戦の先鋒戦は今年のK-1甲子園の-65kgで準優勝を果たした高校1年生・大庭龍華と5月のKrushでKO勝利を収めている向井貫太による一戦。梶原が「龍華は夢に向かって真っ直ぐ進んでいる選手なので注目してほしいです。龍がつく名前は強くて魂を持っている選手なんで注目してください」と言えば、ウィラサクレック会長も「彼はとにかく一生懸命練習やっている選手。技が良くないところがあっても、それを克服するために毎日練習している。将来的に強い選手になる」と向井のポテンシャルの高さを語った。

大庭龍華
「今回はデビュー戦なんで、とりあえず倒して勝ちたいと思います。対抗戦と言うことで絶対に負けられないです。先鋒戦で勝ってチームに勢いをつけたいと思います。見ている人たちには自分が倒して勝てる選手だということを知ってもらいたいです。あと自分はまだ高校生なんでAbemaTVさんで使ってもらえたらなと思います(笑)。絶対に勝って応援してくれる人たちのためにも勝ちたいと思います」

向井貫太
「対戦相手は今年のK-1甲子園の準優勝者で、勝ったら大きいので倒して勝ちたいです。今回は対抗戦でジムの看板を背負って戦うことになります。しっかり倒して勝ってチームの流れを作りたいです。僕はムエタイジムの所属なんでムエタイのミドルやヒザ蹴りなどを駆使して結果的に倒して勝てればいいかなと思います。僕のガードを上げたしっかりしたディフェンスや蹴りのカットなど色々な技術を見せたいと思います。あと僕もAbemaTVさんが自分の密着をしてくれたらいいなと思います(笑)。自分は次で5戦目なんですけど、デビュー戦の相手に負けるわけにはいかないので応援よろしくお願いします」

 対応戦に火をつけるのはチームペガサス・大庭か? それともWSR向井か?

 

選手登録