「KHAOS.5」5.26(土)新宿 関東vs関西・中堅戦はKO決着のウェルター級戦!関東・小鉄「真っ向勝負で最後はKOで締める」VS関西・平山迅「関西の意地・男としての意地をぶつける」

2018.04.03

 4月3日(火)東京・新宿区にあるGSPメディアセンターにて記者会見が行われ、「KHAOS.5」5月26日(土)新宿FACE大会の大会コンセプト&主要カードが発表された。

 2018年初開催となる今回のKHAOSでは昨年10月に引き続き「KHAOS of WAR 関東VS関西 5対5 全面戦争」を実施。大会タイトルの通り、関東在住の選手と関西在住の選手たちによる5対5の対抗戦が組まれた。

 対抗戦の中堅戦はKO必至のウェルター級戦、関東・小鉄vs関西・平山の一戦だ。小鉄はこれまでK-1・Krushでは主にスーパー・ウェルター級(70kg)で試合を続けてきたが、今大会ではウェルター級(67.5kg)まで体重を絞って再出発を図る。

 対する平山は「K'FESTA.1」3.21さいたま大会のスーパーファイトで木村"フィリップ"ミノルと激しい打ち合いを繰り広げたばかり。木村にはKOで敗れたものの、KHAOSで再起のチャンスが訪れた。

 会見では平山から「今回の小鉄選手もそうですけど、僕の相手は常にゴリゴリですよね?」という言葉があり、同席した宮田充K-1プロデューサーは「ウェルター級・スーパーウェルター級はそういう選手が多いので、自ずとそうなっちゃいますよね」と返答。その上で「このタイミングで小鉄選手がウェルター級でも試合できるということで、平山選手も再起戦はあえてKHAOSから始めるのがいいと思いました。個人的にはハマったと思うカードですし、KO必至の激しい試合になること確実です」と期待を寄せた。

平山迅
「今回はKHAOS初参戦で、関東と関西全面戦争ということですけど、小鉄選手と全面戦争できるならKHAOSの会場が一番合うんちゃうかなと思っています。戦争やから見とって絶対に面白くなると思います。(対戦相手の印象は?)70kgでやっていた選手なので視野に入れてなかったです。小鉄選手が他団体に出た時に試合を見たんですけど、タフな印象がありますね。試合の度に毎回顔を腫らしているし、タフで気持ちも強くてゴリゴリな選手ですよね。

(K'FESTA.1を経験して)自分の中で思っていることがあって、自分はK-1とKrushには参戦経験があって、KHAOSには参戦したことがない。僕はK-1・Krush・KHAOSすべての大会を盛り上げてこそ、K-1ファイターだと名乗れると思ってます。自分も12月のK-1大阪大会に向けて復帰しないといけないので、ここでドカンと勝っておきたいですね。今回も自分のファイトスタイルを見せられると思います。

(ファンへのメッセージは?)神戸の皆さん、ファンの皆さん、ロイヤルキングスの皆さんに支えてもらって、自分は勝負させてもらっています。関西の意地、男としての意地をぶつけようと思っています」

小鉄
「今の自分は負けが続いているんですけど、こうして試合を組んでもらって感謝しています。ただ感謝するだけじゃなくて、組んで良かったと思われる仕事をしたいと思います。応援してくれるみなさんにも試合良かったねと思ってもらえる試合をしたいです。(対戦相手の印象は?)一発がある印象ですね。今日のコメントを聞いていて、いい感じの選手だなって印象を受けました。

(階級を下げた理由は?)ウェルター級にも落とせるんで、そこでチャンスがあるなら落としてやるって感じです。(ファンへのメッセージは?)自分は何回もチャンスをもらってきたのにモノに出来なくて思うところがあります。今回はラストチャンスのつもりで、対戦相手も平山選手なんで気持ちいい試合ができると思います。真っ向勝負・気持ちいい試合をして、最後はKOで締めたいと思います」

 小細工なし・真っ向勝負に殴り勝つのは関東・小鉄か? それとも関西・平山か?

 

選手登録