「KHAOS.5」5.26(土)新宿 再浮上をかけて関東・森坂陸と関西・椿原龍矢が副将戦で激突!「崖っぷちの森坂は強いというところを見せる」(森坂)VS「大将戦の神保vs和島より面白い試合をする」(椿原)

2018.04.03

 4月3日(火)東京・新宿区にあるGSPメディアセンターにて記者会見が行われ、「KHAOS.5」5月26日(土)新宿FACE大会の大会コンセプト&主要カードが発表された。

 2018年初開催となる今回のKHAOSでは昨年10月に引き続き「KHAOS of WAR 関東VS関西 5対5 全面戦争」を実施。大会タイトルの通り、関東在住の選手と関西在住の選手たちによる5対5の対抗戦が組まれた。

 対抗戦の副将戦で関東・森坂陸と関西・椿原龍矢が激突する。森坂は昨年からK-1 JAPN GROUPのリングに上がり、KHAOSでの活躍を経て、Krushに参戦。今年1月のKrush後楽園大会では亀本勇翔に敗れて、今回が再起戦となる。対する椿原も昨年はK-1甲子園-55kg王者となり、プロのリングで軍司泰斗・西京春馬から勝利するも、今年3月のKrush後楽園大会では玖村将史に判定負け。森坂同様、こちらも再起戦の試合となった。

椿原龍矢
「前回は今年一発目の試合で負けてしまいました。今度はしっかり勝って、その次の試合にも出られるように頑張りたいと思います。(対戦相手の印象は?)僕が去年KHAOSに出た時、初めての記者会見でオロオロしている時に、一番最初に声をかけてくれたのが森坂選手でした。その時に『めっちゃええ人やな!』と思って(笑)、試合が決まった時も『あの森坂選手か!』と思いました。(関東vs関西の対抗戦について)今は他の人のことを考えられへんくて、ここで負けたら連敗になるので、絶対に勝ちたいです。

(軍司・西京の活躍について)2人に勝てたのは練習の成果もあるけど、運もあったと思います。僕が100%勝っていたわけじゃないし、2人の試合を見てすごいなと思います。でも次やっても負けへんぞと思ってやっています。(12月のK-1大阪大会について)もちろん出たいです。目の前の試合を勝っていったら自ずと結果はついてくるし、勝ち続けてK-1大阪大会に出たいと思っています。(ファンへのメッセージは?)メイン(神保vs和島)より絶対面白い試合をします!」

森坂陸
「前回は絶対に勝たないといけない試合だったのに完封されてボロ負けでした。今回は絶対に勝たなきゃいけない試合です。正直、僕は亀本選手に負けましたが、亀本選手より強い選手が来たと思うので、やべえなって思います。でも気持ちは盛り上がっているので、崖っぷちの森坂陸をよろしくお願いします。

(対戦相手の印象は?)まずは椿原選手、ありがとうございます(笑)。椿原選手のことは高校1年生の頃から知っていて、K-1甲子園で2年連続で準優勝して3年目で優勝しているので、強い選手だと思います。KHAOSに一緒に出た時も見ていて空手上がりの強い選手だなと思いましたし、スピードもあるしコンビネーションもすごい。僕が勝てるところはないかなと思います(苦笑)。ただ僕みたいなやりづらいタイプとはやってないと思うので、そこで勝ちたいと思います。

(関東vs関西の対抗戦について)僕は前回の試合で負けているのですが、KHAOSに初めて出た時も負けて、その次の試合で江川優生選手に勝って挽回しました。まだ連敗は経験したことがないので、崖っぷちの森坂陸は強いところを見せたいです。(今回のテーマは)崖っぷちから抜け出すことですね。

(亀本が出演している『恋んトス』で試合映像が流れたが?)見た人からは『なんで出てるの?』と言われました。実際にボロクソにやられて負けたんですけど、上手い具合に僕がボロクソにやられてる感じに編集されていたなと思います(苦笑)。でも自分のことを知ってもらえてうれしいし、次はいいところを見せたいと思います。ここから這い上がれるように頑張ります」

 副将戦抜擢のチャンスをものにして再浮上するのは関東・森坂か? 関西・椿原か?

 

選手登録