「KHAOS.5」5.26(土)新宿 関東vs関西の大将戦は神保克哉vs和島大海のスーパー・ウェルター級対決!「関東が舐められないような試合をする」(神保)VS「関西チームの大将として絶対に勝つ」(和島)

2018.04.03

 4月3日(火)東京・新宿区にあるGSPメディアセンターにて記者会見が行われ、「KHAOS.5」5月26日(土)新宿FACE大会の大会コンセプト&主要カードが発表された。

 2018年初開催となる今回のKHAOSでは昨年10月に引き続き「KHAOS of WAR 関東VS関西 5対5 全面戦争」を実施。大会タイトルの通り、関東在住の選手と関西在住の選手たちによる5対5の対抗戦が組まれた。

 その対抗戦の大将戦は神保克哉(関東)vs和島大海(関西)のスーパー・ウェルター級戦に決まった。神保は今年1月のKrush後楽園大会で元Krush王者の中島弘貴に勝利。対する和島も年末のK-1後楽園大会では山崎陽一、3月の中国遠征では中国人ファイターをKOし、現在5連勝中と好調をキープしている。

 また両者は2016年7月にKrush後楽園大会のプレリミナリーファイトで対戦しており、この時は激しいダウンの応酬の末に和島がKO勝利。互いにトップファイターとの対戦を経験して、大きく成長しての再戦と言っていいだろう。

 会見には神保と和島が揃って出席。今回の試合への意気込みを語ると共に、日本人選手の苦戦が続くスーパー・ウェルター級の期待の新鋭として強豪外国人選手との対戦を希望した。

和島大海
「今回は関西チームの大将として絶対に試合を盛り上げて勝ちたいと思います。(対戦相手の印象は?)前回の対戦ではダウンさせられているので、パンチが強い印象です。また僕が唯一負けた中島選手に勝っているということで、気合いを入れて練習したいと思います。(中国遠征での成果は?)会場はすごくアウェーで、僕がダウンをとってもシーンとしていました(苦笑)。でもデビュー戦の頃を思い出して、初心に戻って戦いました。今、僕はKO勝ちが続いているので、ここもKO勝ちして年末のK-1大阪大会で強豪外国人と戦いたいです。

(K-1ではチンギス・アラゾフがチャンピオンに君臨しているが?)アラゾフ選手とも戦ってみたいですけど、今はまだ早いなと思います…。(宮田プロデューサーに『K-1のスーパーウェルター級の強豪外国人と言えばアラゾフだよ?』と言われ)アラゾフ選手と戦いたいです(笑)。(対抗戦の大将戦について)今回は関西の代表として呼ばれているので、絶対に勝ちたいと思います。(ファンへのメッセージは?)この試合をしっかり勝って、年末のK-1でもKOで勝てるように、アラゾフ選手と試合できるように頑張ります」

神保克哉
「今回は和島選手を“KHAOS(カオス)で倒す(たおす)”で行こうかなと思います。(対戦相手の印象は?)まずは見た目で勝っているかなって感じですね(笑)。あとはやられたらやり返すだけです。(1月に元王者の中島選手に勝って)自分もああいうトップ選手に勝てるんだなと思いました。相手の方がベテランでキャリアもあったけど、そういうこと関係なく勝てるんだなと思いました。もうスーパー・ウェルター級の若い選手は和島選手だけなので、和島選手に勝ったあとはオヤジ狩りしていきます。

(対抗戦の大将戦について)対抗戦は燃えるんで、関東が舐められないような試合をします。(ファンへのメッセージは?)5月26日は和島選手を“KHAOSで倒す”します。で、俺は(Krush-70kg王者)ジョーダン・ピケオーとやりたいんで応援よろしくお願いします」

 対抗戦の大将戦を制して、更なる飛躍のチャンスを掴むのは関東・神保か? それとも関西・和島か?

 なお会見に出席した宮田充K-1プロデューサーは「今回、K-1 JAPAN GROUPに参戦していない関西のジムさんからも数多くのエントリーがありました。この場をお借りして御礼申し上げます。関西には元気のある前向きなファイターが多いので、東京でのプロイベントはもちろん、Krushの名古屋大会やK-1大阪大会など、関西ファイターのマッチメークが増えていくと思います」と今後のK-1 JAPAN GROUP内での関西ファイターの起用について語った。

 

選手登録