「KHAOS.1」3.18(土)新宿FACE<KHAOS ROYAL出場選手インタビュー>KAZUMU「格闘技をやっているとアドレナリンしか出ない」

2017.03.07

3月18日(土)新宿FACEで開催される「KHAOS.1」の「KHAOS ROYAL」(カオス・ロイヤル)に出場するKAZUMUのインタビューを公開!(※KHAOS ROYAL=今大会のメインカード3試合を-58kg Fightとして実施。出場6選手が前日計量後の抽選で組み合わせを決める)

――新しくスタートするイベント「KHAOS」の試合のオファーを受けた時はどんな心境でしたか?

「凄いチャンスだなと思いました。自分はまだ無名なので、これで勝って良い結果を出して、一気に上にいくチャンスだなって。だからバチバチの試合をしないといけないなと思っています」

――“KHAOS ROYAL”(カオス・ロイヤル)は大会前日に対戦相手が決まる形式ですが、最初に聞いた時はどう思いましたか?

「そういうやり方もあるんだって。それだったらそれで誰が来てもいいし、記者会見で初めて出場する5選手も知ったので、それも楽しみの1つかなって感じです。特に気になる相手もいなかったので、相手は誰でもいいです」

――普段とは違う試合形式でワクワクしますか?

「対戦相手が分からないので、対策も何もできないし、前日に対戦相手が分かった所で、誰と当たっても戦うしかない。もともと自分は細かいことは気にしないタイプで、自分の持ち味を出すだけなので楽しみですね」

――KAZUMU選手が格闘技を始めたのは何歳の時だったのですか?

「小学校6年生になる前ぐらいに、友達が格闘技を始めたから一緒に始めたって感じでした。元から体を動かすのが好きで、その時は野球とかサッカーとか色々なスポーツをやってたんですよ。その中で格闘技を始めて、自分にしっくりきたのが格闘技で、今も続けているって感じです」

――小さい頃から運動神経はいい方だったんですか?

「サッカーやっても野球やっても普通に出来たし、バトミントンとかも出来ましたよ(笑)。基本的に昔から何をやっても出来る方でした」

――格闘技は他のスポーツとは違うものですが、実際に格闘技を始めてみて楽しかったですか?

「そうですね。格闘技は戦う時に1対1じゃないですか。そういうところも他のスポーツと全部違うし、精神的に抱えるものが違いますけど、それがなんか楽しいと思えるんですよね。殴ったり蹴ったりすることにも抵抗はなかったし、殴られたり蹴られたりすることにも抵抗はなかったです。格闘技をやっているとアドレナリンしか出ないんでしょうね」

――KAZUMU選手は自分のどこをお客さんに見せたいですか?

「パンチで打ち合いたいので、パンチを見てもらいたいです。それに加えて気合いで負けないので、そこも見て欲しいですね」

――上手く戦う相手よりもバチバチくる選手の方が戦いやすいですか?

「そうですね。自分もバチバチきてくれる相手の方が戦いやすいかなと思います。距離を取られて戦われるよりはバチバチ戦ってくれる方が全然いいです」

――例えば試合中に自分が興奮している・戦闘モードに入っているなと感じますか?

「う~ん…アドレナリンが出てるんで分からないです」

――「KHAOS」には色んな選手がそれぞれの野望を持って出てくると思いますが、KAZUMU選手はどんな野望を持っていますか?

「とりあえず『KHAOS』に出場して、いい結果を出して、どんどん上を目指したいなって。いずれはK-1に出場してベルトを狙うことを考えてます」

 

選手登録