[土曜更新]「KHAOS.7」11.17(土)新宿 ジム別対抗戦[BATTLE of KHAOS]の大将戦で激勝!K-1ジム総本部チームペガサスの剣闘士"俊"が登場<後編>

K-1・Krush・KHAOSで繰り広げられる激闘の数々から気になる選手をピックアップし、K-1 JAPAN GROUPサイトでしか読むことが出来ない独占インタビューを公開。今回は「KHAOS.7」11.17(土)新宿のジム別対抗戦[BATTLE of KHAOS]の大将戦で長崎秀哉にKO勝利した剣闘士"俊"が登場!

――対抗戦の大将戦を務めて、どんなことを感じましたか?

「プレッシャーというよりも、試合前から死ぬ気でやると言っていたんで、勝っても負けても大将戦の僕が責任を背負うじゃないですけど、そのつもりで戦いました。だからあまり勝敗のプレッシャーはなかったかなと思います。あの試合で得たものは大きいというか、対戦相手の長崎(秀哉)選手が熱い人でしたし、あんなに熱い人を生んだ秋田県の鷹ノ巣町ってどんな街なのか気になりました。機会があれば行ってみたいと思います(笑)。長崎選手の熱い気持ちを継承するというものではないかもしれませんが、僕には伝わったものがあります。昨日の試合で得たものはそういうところです」

――それでは一選手としての剣闘士選手の今後の目標を聞かせてもらえますか?

「他団体で試合を重ねた時期もあって、苦い思いも経験しました。そこではっきり勝ちと分かる形で勝たないといけないと思ったし、それから勝つための組み立てを意識するようになって、少しずつ結果が出てきてます。だからこれから結果がついてくるかなと思うし、やっと心技体が揃ってきたのかなと思います。ここからまだ上を目指したいと思います

 試合後のインタビューでも言ったのですが、僕はベルトをあきらめていません。Krushのベルトを狙うのもいいし、KHAOSのベルトがあってもいいと思うんですけど…どうでしょうか? KING OF KHAOSみたいな(笑)。そういうベルトがあったもいいんじゃないかなと思います」

――それでは最後にファンのみなさんへのメッセージをいただけますか?

「今回対抗戦が盛り上がったのはぺがサスだけじゃなくてWSRの応援の方々がいたからです。ありがとうございます。そしてこれからもよろしくお願いします」