[土曜更新]「KHAOS.7」11.17(土)新宿 ジム別対抗戦[BATTLE of KHAOS]の大将戦で激勝!K-1ジム総本部チームペガサスの剣闘士"俊"が登場<前編>

K-1・Krush・KHAOSで繰り広げられる激闘の数々から気になる選手をピックアップし、K-1 JAPAN GROUPサイトでしか読むことが出来ない独占インタビューを公開。今回は「KHAOS.7」11.17(土)新宿のジム別対抗戦[BATTLE of KHAOS]の大将戦で長崎秀哉にKO勝利した剣闘士"俊"が登場!

――対抗戦の大将戦で見事なKO勝利おめでとうございます。試合を終えた時の心境はいかがでしたか?

「試合自体は早く終わってしまったんですけど、試合に至るまでの間に長崎選手と気持ちのぶつかり合いを感じていたので、その中でKO勝ちできてよかったと思います。対戦カード発表会見で長崎選手の『もう試合は始まっている』という言葉を聞いて、僕の方はまだ試合が始まっていないと思って、あの時点では自分負けていると感ました。だからあれから気持ちを切らさず、ずっと試合のことを考えてやっていました。だからずっと試合が続いた感じで、実際に手を合わせてみて伝わるものがありました。全日本キックから活躍していた選手の気持ちに触れられたことはうれしかったです」

――長崎戦に向けて、どんな対策を練っていたのですか?

「僕は結構映像を見るんですけど、長崎選手の場合は映像が少なくて、その中でも映像を見て研究しました。最近は研究力が上がってきた部分もあるので、それが試合に出たかなと思います」

――KOした右フックについてはいかがでしたか?

「よくダウンを取ったりスコーン!と倒す時は感触がないと言われるけど、僕は思いっきり感触ある方が倒せているんですね。それで今回はすごく感触がありました。僕的にはあそこからもう一発同じフックを打って、腹につなぐイメージでしたけど、一発で倒すことが出来ました」

――今回は対抗戦という形での試合でしたが、普段とは心境が違いましたか?

「今までKrushで日中対抗戦やKHAOSで関東vs関西の対抗戦がありましたが、今回はジムの対抗戦ということで、今までは対抗戦だけど個人の戦いというところもあったと思います。またジムの対抗戦として考えた場合、僕らの場合は(支部がなく)一つのジムから選手を選ぶので不利と言えば不利です。逆に向こう(WSR)は色んな支部から選手を集めることが出来た。ただ僕たちは対抗戦のメンバーに選ばれた!という気持ちがあったし、WSRの選手たちは普段全員で練習していないから一枚岩にはならないと思っていました。それで前日会見でみんなの気を引き締めるために『明日はジムの威信をかけた命がけの戦』と言いました。それが良い結果につながったかなと思います」

<後編>に続く