[土曜更新]「KHAOS.6」9.1(土)新宿 福原優を劇的KO!高梨knuckle美穂がKHAOSでの激闘を振り返る!

K-1・Krush・KHAOSで繰り広げられる激闘の数々から気になる選手をピックアップし、K-1 JAPAN GROUPサイトでしか読むことが出来ない独占インタビューを公開。今回は「KHAOS.6」9.1(土)新宿大会で福原優から劇的KO勝利を収めた高梨knuckle美穂のインタビューを公開!

――今回は試合前日に抽選で対戦相手が決まる「KHAOS ROYAL」でしたが、対戦相手が福原選手に決まった時はどんな心境でしたか?

「なんか抽選の前から福原選手と当たるんじゃないかなと思っていたんですよ。だから第1試合で福原選手とやることはなんとなくイメージしていました」

――福原選手とはアマチュア時代に対戦経験があるそうですが、プロのリングで戦って見ていかがでしたか?

「結構リラックスしていたので色々と考えながら戦えたし、楽しかったです」

――序盤からパンチが当たっていましたが、パンチで倒す作戦だったのですか?

「パンチで倒すことは考えてましたけど…ガードが低かったのは反省点ですね(苦笑)」

――実際にパンチの手応えはありましたか?

「そうですね。パンチには自信があって当たれば倒せると思っていたんですよ。で、最初からパンチの手応えがあって、1・2Rで倒すつもりだったんですけど、なかなか倒せなくて焦りましたね。2Rが終わってセコンドに戻る時にかなり顔が焦っていました」

――インターバル中にはタイ人のトレーナーから指示を受けていましたが、普段もタイ人の先生に教わっているのですか?

「はい。アマチュアの頃からタイ人の先生に教わっていて、ミットでもスパーでもボコボコにされています」

――最終的には3RでKOする形になりましたが、3Rはどんな心境で戦っていたのですか?

「とにかくもうこのラウンドで倒すしかないと思ってました。ただ顔面前蹴りを何発かもらっちゃって、もしあれを早いラウンドにもらっていたら流れが変わっていたと思うので、ここも反省点ですね」

――福原選手をKOしたパンチは狙っていたパンチですか?

「身体が自然に反応して出たパンチです。本当はもっとしっかり狙って的確に倒したかったんですけど…。理想はここまで時間をかけずに『今だ!』という時に狙った一発で倒せる選手になることです」

――試合後には現王者の松下えみ選手への対戦アピールもありましたが、今後の目標を聞かせてもらえますか?

「オファーがあればすぐにでも試合をやりたいですね。チャンピオンの松下選手とも今すぐやりたいですし、むしろやらせてほしいくらいですね。松下選手を倒すイメージも勝つイメージもあるので。試合後のインタビューや一夜明け会見でも話したように最短距離でベルトを獲りに行きたいです」