2016.04.23

 4月23日(土)東京・ホテルメトロポリタンエドモントにて、明日、東京・国立代々木競技場第二体育館で開催される「K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN ~-60kg日本代表決定トーナメント~」の前日会見が行われた。

 昨年大晦日のRIZIN以来、約4カ月ぶりにリングに立つ-55kg王者の武尊。リミットちょうどで計量をクリアして仕上がりの良さをアピールすると、記者会見では「大晦日の試合から4カ月空いて、最近は試合のための追い込み練習ばっかりで、技術の向上ができなかったのですが、今回は技を磨く練習が出来る期間がありました。明日は新しい技・新しいKO勝ちを見せられると思います」と新技の投入を予告した。

 今回は自ら望んでムエタイの強豪ヨーセンチャイ・ソー.ソーピットとスーパーファイトで対戦することになり「(ヨーセンチャイの)公開練習の映像を見たけど、そんなに力を入れていない動きだった。ただムエタイの選手は底力がすごいと思うし、底知れない強さもある」と警戒している。

 しかしヨーセンチャイの「武尊選手は並みの選手」や「自分に攻撃は当たらない」という発言について聞かれると「ああいうことを言われるとカチンとくるんで思いっきり攻撃を当ててやろうと思います」と闘争心むき出しに語り「2016年最初の試合なんで最高のKOで勝とうと思っています」とKO勝利をファンに約束した。

 一方のヨーセンチャイも武尊の発言に対して「特に何も思わない。明日リングで試合を見てもらえれば分かると思う」と余裕の姿勢を崩さず。王者・武尊が宣言通りにヨーセンチャイをマットに沈めるか? それともヨーセンチャイがムエタイの妙技を見せつけるか?

 

選手登録