2016.04.22

 4月22日(金)東京・大久保のK-1ジム総本部にて、4月24日(日)東京・国立代々木競技場第二体育館「K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN ~-60kg日本代表決定トーナメント~」のスーパーファイトで-55kg王者・武尊と対戦するヨーセンチャイ・ソー.ソーピットが公開練習を行った。

 -55kg王者・武尊との注目のスーパーファイトを控えるヨーセンチャイ。これまでムエタイの2大殿堂と言われるルンピニーとラジャダムナンの両スタジアムで試合を続け、ラジャダムナンスタジアムではランキング入りも経験。2年前にはプロムエタイ協会の王座を獲得し、約6カ月ほど王座を保持していたという。

 今回は日本で初めての試合となるが「身体も絞れてきて、いい感じだよ」と仕上がりもよく、初挑戦となるK-1ルールにも「K-1ではムエタイで認められるヒジと首相撲が禁止で、多少は慣れていない部分もあるだろうけど、試合になれば問題ないだろう」と自信をのぞかせる。公開練習として行った2分1Rのミット打ちでは左右のミドルキックと鋭いヒザ蹴りを披露。「最も自信がある技は蹴りだよ」と得意げに語った。

 対戦相手の武尊について聞くと、ヨーセンチャイは開口一番「大した選手ではないというのが正直な印象だね」とキッパリ。「ムエタイとK-1は違うものだけど」という前置きこそあったものの「今までムエタイで戦ってきた選手たちの方が武尊よりもレベルが上だと思っている」と豪語し、「武尊がハードパンチャー? おそらく試合当日、彼の攻撃は自分に当たらないだろうね」と余裕たっぷりに語ってみせた。

 リングネームの「ヨーセンチャイ」はタイ語で「勝ち続けること」を意味し、「今回のK-1で出来るだけ面白い試合をし、ファンのみんなの印象に残る試合をしたい」と話すヨーセンチャイ。現K-1 WORLD GP-65kg王者ゲーオ・ウィラサクレックを例に挙げ「自分もK-1の-55kgでゲーオのようなチャンピオンになりたい。世界的に活躍するムエタイファイターになりたい」とK-1参戦での大いなる野望を口にした。

 決して口数は多くなかったものの、静かに勝利への自信を語り続けたヨーセンチャイ。王者・武尊にムエタイの壁が立ちはだかる!?

 

選手登録