2016.04.05

 4月5日(火)神奈川・古淵のTRY HARD GYMにて、4月24日(日)東京・国立代々木競技場第二体育館「K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN ~-60kg日本代表決定トーナメント~」のスーパーファイトで秋元和也と対戦する松倉信太郎が公開練習を行った。

 昨年9月のK-1後楽園大会以来、2連勝と調子を上げている松倉。今回は同日開催の-60kg日本代表決定トーナメントに出場する同門の大雅と共にタイのゲオサムリットジムで約2週間の武者修行を行い、秋元戦に向けて準備を続けている。

「色んな流れがあって、色んな人のおかげで急遽タイに行けることになった」という予定にはなかったムエタイ修行だが「練習だけの生活を送って、しっかり追い込むことが出来た。とにかく行って良かったと思える練習だった。いつもに増して調子は良いと思う」と収穫は大きかった。

「ジムではタイ人のノップ(ノッパデッソーン)に教わっているし、HIROYAもずっとタイで練習していて、自分にはタイの空気感が合ってました。性格的にも自分は焦ったり、小心者なところがあるけど、タイのゆったりした感じは勉強になったし、タイで練習すること自体がプラスになったと思います。

 もちろん練習もキツかったし、ゲオサムリットジムには海外から練習に来ている選手もいて、スパーリング相手も結構いました。朝早くからずっと練習漬けで、毎日の練習を乗り切る達成感があって自信になりましたね」

 タイでの練習の成果で、通常体重も普段より軽くなり「鏡を見て自分であれ?って思うくらい良い感じです」と笑う松倉。公開練習として行った3分1Rのミット打ちでも鋭いパンチと蹴りのコンビネーションを披露し、練習の充実ぶりを見せつけた。

 対戦相手の秋元とは約3年半前に対戦し、勝利している相手。秋元は「この3年半で自分は成長した。今なら松倉選手に勝てると思っている」と発言しているが、松倉は「それには俺も言いたいことがある」と切り出し、秋元の発言をばっさりと斬り捨てた。

「すごく太っている人がダイエットしたら一気に痩せるのと一緒で(秋元は)もとにいたレベルが低いから上手くなったと実感しているだけ。俺も当時はまだTRY HARD GYMで練習してなかったし、俺も間違いなく上手くなって強くなっている。秋元選手はすごいポジティブだから自分だけ成長している気になっているかもしれないけど、俺もこの3年半で勝ったり負けたり苦しい想いをして、色んな経験をしてます」

 さらに松倉は「相手のことを悪くいいたくないし、ガラが悪いのは嫌。でも同年代からか分からないけど今回は結構ムカついてます。簡単に勝てると思われているのもムカつくし、そんなに甘くねえよって感じです」と珍しくイライラを露わにする場面も。

「何回も言ってきたけど今回は俺が戦いたかった相手じゃない。やりたいやつと戦う位置にいくためにもしっかり倒さないといけない」と秋元を返り討ちにして、目標に掲げる海外の強豪たちとの対戦につなげるつもりだ。

 思わぬ形でイライラモードに突入している松倉。秋元戦にそのうっぷんをすべてぶつけて爆発させることが出来るか?

 

選手登録