2022.06.26

 6月26日(日)都内にて、昨日国立代々木競技場第二体育館で開催された「K-1 WORLD GP 2022 JAPAN~RING OF VENUS~」の一夜明け会見が行われた。

 メインイベントのK-1 WORLD GP女子フライ級タイトルマッチでスーリ・マンフレディに3RKO勝利を収め、王座防衛に成功したKANA。1Rに2度のダウンを奪い、最終3Rにハイキックを打ち込みKOを勝利を呼び込んだ。

「メインの自分の試合の前に(菅原)美憂ちゃんが負けちゃって、入場する直前、隣で大号泣してたんですけど、自分はあえてその場から離れず美憂ちゃんの声を聞いていようと思って」と、自身の試合前には同門の菅原美憂がトーナメント決勝で敗れたが、むしろそれも力に変えたという。

 メインの大役をKOという最高の形で締めくくったKANAは「ホッとしている」と現在の心境を明かしながら「次に何をしていけばいいのかなを考えています」と、気持ちはすでにスタートを切ったK-1女子の次のステップへ向けられていた。

「大会としては高いチケットを買って会場に来てくれることに値する試合が全てできたかと言われたら多分できてない。これがK-1女子のスタート、代々木第二体育館を女子の大会で超満員にできるくらい女子の大会をこれから盛り上げていく」と、今後のK-1女子の展望を語ったKANA。「K-1チャンピオンとしてK-1の強さ、K-1チャンピオンの強さを世界で一番強いっていうのを証明したい」と、より一層力強さを増したKANAの活躍に注目だ。

KANA
「まず、昨日の大会のメインイベントでKOで最高の形で大会を締められたことを自分としてもホッとしています。本当にK-1で女子だけの大会を代々木第二体育館で開催できたことは、K-1の方が作ってくれた最高の舞台だと思うので感謝したいです。(一夜明けての心境)今までで一番プレッシャーがあった試合で、決めなきゃいけないところでしっかり決められたところは自分の成長にも繋がりましたし、昨日終わって今日、次に向かっていくというか。次に何をしていけばいいのかなっていうのを考えています。

(試合の反響は?)自分の試合に関してはたくさんのメッセージをいただいて反響が大きくて、自分としてはいいスタートを切れたのかなって思いますね。大会としては、プロとしてお客さんがお金を払って、チケットを買って興行に来てくれるというのはすごく重要なこと。高いチケットを買って会場に来てくれるのに値する試合が全てできたかって言われたら多分できてないと思いますし、これがK-1女子のスタートだと思っています。大会の会場を小さくするとかじゃなくて、代々木第二体育館を女子の大会で満員にできるくらい女子の大会をこれから盛り上げていくのが、これからのK-1女子の目標なのかと思います。

(相手のタフさについて)めちゃくちゃタフで初めて攻撃を効かされたんですよ、1Rで。1R終わってインターバルで戻った時に自分がダウン2回取ってることを忘れていて、自分がダウンとられたと思ってインターバルに入って、ダウンを取るにつれ、相手の攻撃力が増してきたんですよね。すごい攻撃力があって、最後まで死んでなくて、最後までめちゃくちゃ倒しにきてくれて、その結果こういう形で勝てたっていうのはありますね。

(得意技で倒そうとした?)トレーナーの大宮司さんと相手の分析をするにつれ、自分のできるスタイルの中でできる攻撃がオーバーハンドかハイキックだったのでそのカウンターの練習を毎日ずっとやるようにしていました。最後の確認でも、試合直前に右のオーバーハンドかハイキックで倒せると思うって言ったのがそのまま入っていけた感じですかね。(魔裟斗がハイキックを予告したが)予言されたなと思いました、すごいと思いました。最後ハイキックで終われたっていうのも自分の武器であるひとつで終わらせられたのも成長に繋がりましたし、自信にも繋がりましたし、本当に預言者・魔裟斗さんが現れました(笑)。

(入場の際に笑顔があったが)昨日それ考えてたんですけど、入場した時からあんまり記憶がなくて、自然のものだと思うんですけど。いつもリングに上がるとすっと無の状態に入るんですけど、会場に入った瞬間全然覚えていなくて。自分の試合も、自分で考えてあんまり動いていなくて、セコンドの声しか聞こえてなくてっていう感じでゾーンに入っていたというか集中していましたね。

(試合前に逆境にあったと思うが)大会6日前だったんですけど、東京ドームの空気を吸いに行こうと思って会場で実際生で見させてもらって、すごいエネルギーをもらったし、武尊くんはK-1で一番大きな存在で、負けてしまったっていうのもすごく自分ではショックを受けたというか、エネルギーを奪われたというか。

それがあったからこそ全部力に変えられたのもありますし、メインの自分の試合の前に(菅原)美憂ちゃんが負けちゃって、入場する直前、隣で大号泣してたんですけど、自分はあえてその場から離れず美憂ちゃんの声を聞いていようと思って。それを力に変えて、全部エネルギーに変えて。K-1のプレッシャーっていうのを前日からかけられましたし、アップが終わった後ぐらいも気持ち悪かったんですけどそのおかげですごく集中できましたね。(セコンドからの声がありながらKOを狙い続けた理由)何がなんでも、倒されてもいいからKO決着でこの大会を締めようっていうのは自分の中で100\%決めていたので、どんな状況でも倒しにいこうっていう気持ちで戦いましたね。

(アニッサ・メクセンへの想い)自分が世界トーナメントの前にプーケットに練習に行った時にたまたまアニッサ・メクセンと練習したんですけど、スパーリングでボコボコにされたんです。(アニッサは)同じ階級ですし、こんなに強い奴がいるんだと思って、そこから最強っていうのをリアルに追求してますし、自分の階級で、同じ階級で自分より最強だと思える選手がいるというのは自分はまだまだ最強じゃないので、K-1チャンピオンとしてK-1の強さ、K-1チャンピオンの強さを世界で一番強いっていうのを証明したいです。

(ファンへメッセージ)K-1女子のスタートは昨日だと思うので、ここからK-1の舞台を目指してくる女子選手がどんどん増えてくると思うので、その先頭を切って、自分は現役である以上、先頭を走っていきたいと思うので応援よろしくお願いします」

 

選手登録