2022.05.28

 6月25日(土)国立代々木競技場第二体育館“K-1初の女子大会”「K-1 WORLD GP 2022~RING OF VENUS~」の[K-1女子フライ級/3分3R・延長1R]で芳美と対戦する真優のインタビューを公開!

――真優選手にとっては昨年12月の大阪大会以来のK-1参戦が決まりました。

「今自分は2回連続で負けていますが、2連敗している自分だからこそ見せられる何かがあると思うので、それをしっかり試合で見せたいですね」

――連敗という結果はどう受け止めていますか?

「たくさん泣いたし『格闘技向いてないわ』と思って、一瞬ガン!と気持ちが落ちました。でも(椿原)龍矢や周りの人たちから『まだまだ成長している途中だから』と言ってもらえて。試合でも成長できている部分があったと言ってもらえたので、そこから気持ちは上がっています」

――どこに成長を感じていますか?

「徐々にクリンチも減ってきていると思うし、しっかり打ち合うところは打ち合えるようになってきたと思います。前回の試合からレベルアップしているので、もっとレベルアップしている自分を見てほしいです」

――対戦相手の芳美選手は35戦以上のキャリアを持つベテランです。

「自分よりもキャリアも上だし、ベテランさんなので一切油断はしていません。むしろしっかり練習に打ち込めているので、いい試合ができるかなと思います」

――今回の試合はK-1育ちの選手vsK-1以外のイベントでもキャリアを積んでいる選手と言うテーマもあります。そこは意識していますか?

「ここ2戦ともそういう試合やったと思うし、自分はこの階級でいい位置におったので、周りからしたらいい踏み台になると思われてるかもしれないです。結果として自分が2回踏み台にされただけなので、負けた相手には必ずやり返しに行くし、ここが終わりじゃないし待っとけよっていう感じです」

――今大会ではタイトルマッチ、日本vs世界・3対3、トーナメントと色々な要素が詰まった大会ですが、それについてはどう思いますか?

「今回はK-1初の女子大会なので、出たい気持ちはすごいありました。でもタイトルマッチ、トーナメント、日本vs世界の対抗戦があるなかで、正直自分はついでなんやろうなと思っています。自分はそういう扱いをされたくないし、しっかりタイトルマッチやトーナメントにも負けへん試合をすれば、みんなこっちを向いてくれると思うので、そこは意識しています」

――ほかの注目されている試合に対抗心はありますか?

「そうですね。見とってやって感じです。私だけを見とってって思います」

――今回は入場に注目してほしいそうですが、言える範囲でどんなことを考えていますか?

「女子ってなんぼ強くても、それだけやったら注目はしてもらえないと思うので、しっかり入場から魅せる。それで試合でも魅せたら、誰よりも注目されると思うので自分はそこは意識していますね」

――今回はK-1初の女子大会ですが、どんな大会にしたいですか?

「私はK-1の女子がどの団体よりも華やかな舞台だと思ってるし、選手もすごく可愛い人が多いので、そういう部分でもたくさんの人に見てもらえるチャンスだと思います。やっと自分たち女子選手が輝ける舞台を用意してもらえたと思ってるので、選手全員がそれを意識して戦えば絶対にいい大会になると思います。自分もいつもより気合入って頑張れてるって感じですし、たくさんの人に注目してもらいたいです」

――それでは最後にファンのみなさんにメッセージをお願いいたします。

「形的に次の試合は対抗戦になるのかな。しっかり自分が注目してもらえるような試合をできるように頑張るので応援よろしくお願いします!」

 

選手登録