2022.04.04

 4月4日(月)都内にて、昨日開催された「K-1 WORLD GP 2022 JAPAN~K’FESTA.5~」の一夜明け会見が行われた。

 第7試合では元K-1ライト級王者の林健太と元Krushスーパー・ライト級王者・鈴木勇人がスーパーファイトで対戦。”殴る林”vs”蹴る鈴木”という対照的な両者による対戦が期待された中、鈴木が林のお株を奪うパンチの技術を披露。林から2Rにダウンを奪い、3Rには猛ラッシュでレフェリーストップを呼び込んだ。

 3連敗の中で林戦に望んだ鈴木は「絶対に負けられない試合だったんですけど、今は勝ててほっとしています」と安堵の表情。「気持ちのぶつかり合いになっても絶対に負けない自信があった」と、精神力で勝利を引き寄せたと語った。

 本大会のメインイベントで行われたK-1スーパー・ライト級のタイトルマッチに触れると「単純に興奮しました。いつか自分も挑戦できるように強くなる」と王座挑戦を意識。また王座までの道中で「今までやられてしまった相手にリベンジしたい」と、同階級にいるライバルたちに借りを返すと目標を掲げた。

鈴木勇人
「昨日は3連敗している中で、本当に絶対に負けられない試合だったんですけど、今は勝ててホッとしています。(試合を振り返って)やっぱり想像していたとおりの圧力の強さ、林選手の強さを感じましたね。そうなったとしても自分は絶対に負けないと決めていたので、そういう気持ちのぶつかり合いになっても絶対に負けない自信があったので、自分の想定していたような戦いでした。(勝ててほっとした。負けたら終わりという気持ちは強かった?)本当に負けたら終わりだと思っていたので、絶対に勝ちたかったので。そんな感じです。

(タイトルマッチの結果について)自分も会場で見ていたんですけど、単純に興奮しました。いつか自分も挑戦できるように強くなります。(改めて今後の目標は?)これからの目標はもちろんチャンピオンベルトを目指してやっていきます。ただ、この階級である以上負けている選手がいるので、まずはリベンジしていかないといけないと思っているので、まずはちょっと今までやられてしまった相手にリベンジしていきたいなと思います」

 

選手登録