2022.02.28

 2月28日(月)都内にて、東京体育館で開催された「K-1 WORLD GP 2022 JAPAN~第3代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント」の一夜明け会見が行われた。

 昨年7月のK-1福岡大会以来の参戦となるアビラル・ヒマラヤン・チーターは、アグレッシブファイターの松下大紀と対戦。試合がアビラルが1R開始早々に左フックをヒットさせると、松下もロープに追い込んで右ストレートで反撃。乱打戦が予想されるなか、アビラルが鋭い左ジャブ、さらに右ストレートと連続でダウンを奪い、最後はパンチをまとめたところでレフェリーが試合をストップ。怒涛のたたみかけでアビラルが勝利をものにした。

 K-1での久々の快勝について「今回は左のパンチで倒そうと練習してた。練習どおりって感じです」と振り返ったアビラル。試合後にスーパー・ウェルター級王者・和島大海へのリベンジをアピールしたことについては「また、絶対にやる相手として見てる。いまは和島選手と戦うためにしか練習してない」と強い決意を示した。

「スーパー・ウェルター級の一人一人を、誰が来ても昨日みたいにブッ倒して、今年以内にはネパール初のK-1チャンピオンになりたい」と語ったアビラルが、この勢いでベルトまで到達するか? 今後の試合にさらなる注目が集まる。

アビラル・ヒマラヤン・チーター
「(試合の感想は?)KO勝利できて最高の気分です。(左ジャブと左ストレートがかなり冴えてたと思うが、あれは練習していたもの?)そうですね。まあ、今回は本当にジャブで、左手で倒そうと練習してたんで。練習どおりできた、そんな感じですね。(パンチがコンパクトになってたのも練習してたもの?)もともと、キックよりパンチのほうをメインでやっていて。前よりもパンチを練習していたので、その練習どおりっていう感じですね。(試合後に和島選手へのリベンジをアピールしていたが、自分にとって和島選手はどのような存在?)また、絶対にやる相手として見てます。いまは和島選手と戦うためにしか練習してないんで。

(マイクアピールでタイトルマッチは次じゃなくていいと発言していたが、タイトルマッチまでに誰を倒さないといけないと思ってる?)それはまあ、みんなわかってると思います。自分から名前は言わないですけど。でも、70kgの一人一人を、誰が来ても昨日みたいにブッ倒して、チャンピオンまでいけたらいいなって思ってます。(時期的には年内に挑戦したいと思ってる?)できればそうですね、今年以内にはネパール初のK-1チャンピオンになりたいと思います」

 

選手登録