2022.02.28

 2月28日(月)都内にて、東京体育館で開催された「K-1 WORLD GP 2022 JAPAN~第3代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント」の一夜明け会見が行われた。

 里見はライト級スーパーファイトで8連勝中の龍華と激闘を展開。本戦では龍華がリードしていたものの、最終ラウンド終盤に里見がパンチ連打を浴びせてドローに持ち込み、延長でも終了間際の攻勢で2-1のスプリットデシジョンながら里見が勝利。K-1での初勝利を挙げた。

 里見は「龍華選手、とても強くて」と対戦相手を讃え、競り勝てた要因は「本当にキツイ練習もしてきて、たくさんの人に支えて貰って、それが最後、背中を押してくれたかなって」と振り返った。

 しかし「気持ちを入れ替えて、すぐ練習しないと」と反省し、今後、インパクトを残すためには「最初からもっと突っ込まないといけない」という。今後の目標は「負けてる選手もやり返さないといけないし、外国人選手が入ってこられるようになったら外国人選手とも戦ってみたい」と語った。

里見柚己
「昨日はたくさんの応援ありがとうございました。試合前からすごい大きいことを言ってたんですけど、判定までいっちゃって、自分に情けないなって感じで。気持ち入れ替えて、すぐ練習しないといけないなって思いました。

(延長までもつれる試合で競り勝てた要因は?)本当に龍華選手、とても強くて。まあ、今まで本当にキツい練習もしてきて、たくさんの人に支えて貰って。そこが最後、背中を押してくれたかなって感じです。(インパクトを残せなかったことについては)本当に最初からもっと突っ込まないといけなかったんですけど、それをさせてくれなかった龍華選手も本当にすごい強かったですし。試合には勝ったんですけど、あんまり勝った感じがしなかったんで。絶対に龍華選手とはもう1回やらないといけないなって思ってます。

(今年の目標は?)負けている選手にはまたやり返さないといけないですし、外国人選手とか今年また入ってこられるようになったら、自分、ちょっと外国人選手とも戦ってみたい気持ちがすごいあるんで。どんどん勝って、口だけじゃなくてインパクトをしっかり次は残せるように、またしっかり仕上げていきます」

 

選手登録