2022.02.26

 2月26日(土)都内にて、2月27日(日)東京体育館で開催される「K-1 WORLD GP 2022 JAPAN~第3代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント」の公開計量と前日記者会見が行なわれた。

 かつて武尊・武居由樹が巻いたスーパー・バンタム級のベルトをかけて行われる注目の第3代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント。優勝候補の玖村将史、金子晃大、璃明武、佐々木洵樹の“K-1スーパー・バンタム級四天王”の中から優勝者が決まるのか? それとも他の選手たちが波乱を巻き起こすのか? 8選手が明日の決戦に向け、それぞれ意気込みを語った。

 第3代Krushバンタム級王者であり、玖村の対抗馬と見られる金子は黒田勇斗と対決。金子は黒田について「明日、倒すのにいい感じの相手」と余裕をうかがわせると、決勝の相手として「ずっと言ってますけど、玖村選手に来てほしい」と静かに闘志を燃やした。一方の黒田は「明日は大会の一試合目として、インパクトのある試合をして盛り上げたい」と力を込めて語った。

 現Krushスーパー・バンタム級王者の璃明武は、キックボクシングとムエタイの両方で実績を残している一航と激突。璃明武は「明日は3試合戦うので、1回戦の相手についてはとくに何も感じなかった。(決勝には)自分が負けてる佐々木選手が来てくれればうれしい」と、優勝と共に佐々木へのリベンジを見据えた。対する一航は「大きな舞台で試合させていただけることが楽しみ。仕上がりもバッチリ」と興奮を隠さず、笑顔で意気込みを見せた。

 第6代Krushスーパー・バンタム級王者・玖村の一回戦の相手は、Bigbangスーパー・バンタム級王者でもあるアグレッシブファイターの鬼山桃太朗。期待値の高い玖村は「時代を作る準備はしてきた。明日は圧倒的に優勝して、歴代最強のスーパー・バンタム級チャンピオンっていうことを証明します」と堂々の優勝宣言。また、決勝の相手として、対抗と見られる金子の名を上げると「前以上の結果で倒したろかなと思ってます」と貫禄のコメント。試練の一回戦となった鬼山は、玖村について「思ったより何も感じなかった」と言い放つと、「(ベルトを)ジムの代表の雅和さんに巻いてあげたい」と、K-1 GYM SAGAMI-ONO KRESTに新たなベルトを持ち帰ることをアピールした。

 一回戦最後の試合は第5代Krushバンタム級王者の佐々木と内田の一戦。出場選手の中で最高齢(30歳)となる佐々木は、他の7選手に対し「まだ20代前半なのにこういう大舞台に出てきてる」とリスペクトを表すと、同門の武居が巻いていたベルトを前に「いままで目指してたものがここにある」と気合いの表情を見せた。対する内田は「小さいときからの夢だった舞台で、周りのみなさんの予想を覆してやりたい」、「璃明武選手にリベンジしたい気持ちはあるが、“四天王”に勝ってこそ価値がある」と番狂わせ誓った。

 武尊・武居に続く王者として、新たなK-1の主役となるのは果たして?

金子晃大
「この日に向けてしっかり仕上げてきて、減量もうまくいって調子いいんで。明日はいいものを見せれるんじゃないかなと思ってます。(試合を目前に控え現在の心境は?)楽しみですね、一言でいうと。(今日、対戦相手を見た感想は?)明日、倒すのにいい感じの相手だなって思いました。(目の前のベルトを見てどんなことを感じる?)K-1のベルトがこの団体の一番という証拠なんで、それをこのトーナメントで手にしたいなって思ってます。(決勝に上がってきそうなのは?)ずっと言ってますけど玖村選手に来てほしいですね」

黒田勇斗
「最高の準備をして仕上げてきたんで、明日は大会の一試合目としてインパクトのある試合をして盛り上げたいと思うので、楽しみにしておいてください。(試合を目前に控え現在の心境は?)やることはやってきたんで楽しみです。(今日、対戦相手を見た感想は?)試合上がりもよさそうやったんで、向かい合ったときにさらにワクワクしました。(目の前のベルトを見てどんなことを感じる?)目標にしてるベルトなんで、目の前に見たときにワクワクしました。明日が楽しみです。(決勝に上がってきそうなのは?)僕も一番強いと言われている玖村選手に上がってきてほしいです」

璃明武
「明日、チャンピオンになるための準備はしてきたので。明日は自分の中の最高のパフォーマンスをして、しっかり結果を出したいと思います。(試合を目前に控え現在の心境は?)いよいよ明日だなって感じなんですけど、自分も楽しみにしてます。(今日、対戦相手を見た感想は?)明日は3試合戦うので、1回戦の相手についてはとくに何も感じなかったです。(目の前のベルトを見てどんなことを感じる?)このメンバーでしっかり優勝すれば、そのベルトはふさわしいと思うので。しっかり明日、結果を出したいと思います。(決勝に上がってきそうなのは?)自分は佐々木選手に負けてるので、佐々木選手が来てくれればうれしいです」

一航
「準備はしっかりしてきたので、明日自分自身、楽しみにしてます。よろしくお願いします。(試合を目前に控え現在の心境は?)大きな舞台で試合させていただけることが楽しみで。自分も仕上がりもバッチリなので、試合自体も楽しみです。(今日、対戦相手を見た感想は?)一カ月前の会見の日に会ったときよりも、やっぱり仕上がりもよさそうだったので、すごい楽しみにしてます。(目の前のベルトを見てどんなことを感じる?)いままで写真とかでしか見たことなかったですけど、実際自分の手の届く位置にあるんだなって実感とワクワクがあります(決勝に上がってきそうなのは?)前回、佐々木選手に自分の名前出していただいたんで、決勝でぜひ戦ってみたいです」

玖村将史
「時代を作る準備はしてきました。明日は圧倒的に優勝して、自分が歴代最強のスーパー・バンタム級チャンピオンちいうことを証明します(試合を目前に控え現在の心境は?)明日はかますだけって感じですね。明日は玖村兄弟の日にしようと思ってます。(今日、対戦相手を見た感想は?)向かい合って確信したことは、負ける気がしないっていうことですね。(目の前のベルトを見てどんなことを感じる?)明日、ベルトを獲って、スーパー・バンタム級のチャンピオンとしての価値とK-1の価値をもっと上げていきたいと思います。(決勝に上がってきそうなのは?)まあ、金子選手と観たいっていう声が多くて、けっこう盛り上がってると思います。もしそうなったらもう一回、前以上の結果で倒したろかなと思ってます」

鬼山桃太朗
「桃から生まれた鬼山桃太朗です。明日は僕の鬼退治を見ててください(試合を目前に控え現在の心境は?)やるしかないかなって感じです。(今日、対戦相手を見た感想は?)思ったより何も感じなかったですね。(目の前のベルトを見てどんなことを感じる?)ジムの代表の雅和さんに巻いてあげたいなって思いました。(決勝に上がってきそうなのは?)まあ、金子選手ですね」

佐々木洵樹
「毎回そうなんですけど、今回とくに一人じゃここまでたどりつけなかったなという思いで。POWER OF DREAMの会長とみんなと、あとプロボクシング時代の先輩後輩と、全部携わっていただいた人たちに感謝して。あとは家族、息子と嫁のためにも明日、チャンピオンになります。応援よろしくお願いします。(試合を目前に控え現在の心境は?)自分も楽しみですけど、ここまで来るのにいろいろあったんで、まずこの7人のことをリスペクトしないとって思ってます。自分、もう30ですけど、みんなまだ若いというか、まだ20代前半なのにこういう大舞台に出てきてるということがあるんで。そこの部分も、明日はぶつけたいと思ってます。
(今日、対戦相手を見た感想は?)向かい合ってやることをイメージして、明日そのままやるって感じです。(目の前のベルトを見てどんなことを感じる?)いままで目指してたものがここにあるっていうのと、由樹くんがずっと持ってたんで、『あ、持ってたなあ』って感じです。(決勝に上がってきそうなのは?)みんな可能性あると思いますけど、一人上げるとしたら金子選手、やりたいです」

内田晶
「明日は小さいときからの夢だった舞台で、周りのみなさんの予想を覆してやりたいと思います。試合楽しみにしてください。(試合を目前に控え現在の心境は?)自分も楽しみではありますけど、楽しむっていう感じですね。(今日、対戦相手を見た感想は?)すごい仕上がりよさそうだったんで、それに勝てば文句ないかなって感じです。(目の前のベルトを見てどんなことを感じる?)物心ついたときからずっと一番ほしかったものなんで。それが明日……、相当な覚悟持って臨みたいです。(決勝に上がってきそうなのは?)もちろん、璃明武選手にリベンジしたいっていう気持ちはあるんですけど、その4人、右の4人の四天王に勝ってこそ価値があるかなって思います」

 

選手登録