2022.02.22

 2月27日(日)東京体育館で開催される「K-1 WORLD GP 2022 JAPAN~第3代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント~」。今大会で解説を務める武居由樹のスペシャルインタビューを公開!第2代K-1スーパー・バンタム級王者で、現在はプロボクシングで活躍する武居が注目するポイントは?

<1>「佐々木(洵樹)さんに“僕の後”は託した。トーナメントはいかに早く倒すか?が大事」
https://www.k-1.co.jp/news/35934/
<2>「ス―パー・バンタム級のベルトは次のK-1を背負える選手に獲ってもらいたい」
https://www.k-1.co.jp/news/35935/

――トーナメント以外で武居選手が他の試合については。

「注目してるのは、卜部弘嵩選手と島野浩太朗選手の試合とか。芦澤竜誠選手、KANA選手。あと、中野滉太も(笑)。出てくるのが遅かった(笑)」

――中野滉太選手についてはいかがですか?

「アイツはもう子供の頃から、11歳、12歳ぐらいからずっと一緒に生活してて、兄弟みたいな存在なんですけど。まあ、何だろう? 試合ではすごい野性味あふれるというか、何かやってくれる期待があります。練習では、最近めちゃめちゃ強くて、誰も手がつけられないというか。本当に、今あの階級は野杁正明選手、安保瑠輝也選手がトップですけども、全然そこにいつでもいけるんじゃないのかなって思うぐらいの。ひいき目なしにすごく強いので。今回の対戦相手、山際和希選手も蹴りのすごく強い選手ですけど、あんまり心配はしてなくて。パワーもやばいし、多分、しっかり倒しちゃうんだろうなって思います」

――ベテランの山際選手を倒して、野杁選手、安保選手に挑戦状を叩きつける、と。

「あの階級はその二人がツートップだし、それ以外の選手がパッと思いつかないので、そこに中野が食い込んで貰って。あの階級をぐちゃぐちゃにして貰いたいです」

――パワーの部分でも問題ないですか。

「問題ないですし、それ以上かもしれないです。クルーザー級、ヘビー級の選手ともバチバチやり合ってるんで。シナ(カリミアン)とかもそうですけど、全然パワー負けしないし、もちろんスピードもあるので。やばいと思います、アイツは。今、POWER OF DREAM(以下、POD)で一番やばいのは中野かもしれないです」

――おお! 他に何か注目してるカードといえば。

「POD以外でいえば、芦澤選手と西元也史選手です。POD以外では一番楽しみなカードかもしれないです」

――その理由は?

「僕が単に芦澤選手のファンといのもあるんですけど(笑)。西元選手もすごい強い選手で、1発の破壊力ってすごいある選手なので。芦澤選手。最近すごい強いじゃないですか。前までは正直、どうなのかなって思ってたんですけど、成長していって。この前は、卜部弘嵩選手ともすごいいい試合してましたし。最近すごい練習してるんですよね?」

――PURGE TOKYOで毎日練習してるとか。

「そうですね。すごい楽しみです。今までそこまで練習しなくてトップ戦線で戦って来て、今また練習量を上げたていうのはすごい成長するので。芦澤選手の試合が一番楽しみです」

――キャラクター的に好き?

「キャラクター的にも好きですし、試合も。ここで西元選手とぶつかって、どういう試合になるか楽しみですね」

――K-1時代に交流は?

「ないです。挨拶はしてましたけど、深く話したことはなくて」

――仲良くなれそうですか?

「えっと(笑)、僕が年齢は1つ下になるので。仲良くしていただけたら。ものすごく好きなので(笑)」

――その他にはありますか?

「絶対に盛り上がるのは、卜部選手と島野選手ですよね。1回やってるんですよね。Krushですごい試合をして、今回もバッチバチの殴り合いになるんじゃないかなって」

――退かない選手同士ですね。

「そうですね。泥試合にならなければ盛り上がる試合になると思います。結構、当たり外れはあるんですけど、この二人なら間違いないなっていう。楽しみです」

――武尊選手と軍司選手のエキシビションもありますね。

「僕も、武尊選手とエキシビションをやらせて貰ったことがありますけど、武尊選手の凄さを肌で感じられるので。それを次のK-1を引っ張る軍司選手にもいろんなものを感じて、吸収して貰って。エキシビションですけど、バチバチにやってくれると思います」

――武居選手は、武尊選手とのエキシで「ここは想像してたのと違った」とかありました?

「想像していた通り、パンチは重かったです。プレッシャーもめちゃめちゃ感じて。『圧』を感じたし、すごい強くて。イメージしてた通りに強かったです」

――やはり武尊選手といえば「圧」ですか。

「そうですね。今までやった選手の中でも、圧は凄い強かったです。確かお互いに試合前で、そこまで本気ではやってなかったと思うんですけど、圧はめちゃめちゃ感じましたね」

――武尊選手は今回「試合と同じように仕上げる」と。

「多分、6月に向けてのだと思うんですけど、相当気合いが入ってると思うので。エキシといえど、危ない武尊選手が出てくると思いますね」

――それで最後に大会全体についてファンへのメッセージを。

「2月27日、K-1東京体育館大会、ぜひ会場に足を運んで貰って、生で一緒に楽しんで貰えたらなって思います!」

<1>「佐々木(洵樹)さんに“僕の後”は託した。トーナメントはいかに早く倒すか?が大事」
https://www.k-1.co.jp/news/35934/
<2>「ス―パー・バンタム級のベルトは次のK-1を背負える選手に獲ってもらいたい」
https://www.k-1.co.jp/news/35935/

 

選手登録