2022.01.16

 2月27日(日)東京体育館で開催される「K-1 WORLD GP 2022 JAPAN」の[スーパーファイト/K-1ライト級/3分3R・延長1R]で龍華と対戦する里見柚己のインタビューを公開!

──Krushライト級王座決定トーナメント決勝で敗れてからの再起戦という形になりました。あのトーナメントを振り返ってもらえますか?

「あのトーナメントに出場して、初めて1日2試合というのも経験させてもらって、得るものはたくさんありました。決勝で負けてしまって、あと一歩のところでベルトには届かなかったんですけど、自分が一番いい経験をしたかなと思ってます」

──その敗戦の後、どんなことを修正・改善しましたか?

「負けたからにはダメだったところがいっぱいあるので、そこを見直しました。周りの人にも試合を見てもらって、すぐにその修正に取り組み始めました。直した点はいっぱいあるんですけど、パワー負け、スタミナ負けしたかなというのが大きくて。自分は勝つ時はKO勝ちが多いんですけど、それだけじゃダメだなと。負ける時は圧力で押されることが多いので、フィジカルトレーニングを増やしたりしていて、今はそれがいい感じでできていると思います」

──今回は龍華選手と対戦することになりましたが、どんな印象を持っていますか?

「年も若くて、今盛り上がっているライト級の中でもすごく勢いがあってトップクラスにいるので、楽しみにしています」

──一番警戒する点は?

「距離が思ったより遠いのかなという点と、踏み込みが早くて手足が長いのを生かした蹴り技が得意ですよね。ただ龍華選手にもやられてイヤな部分はあると思うので、そこを突けたらと思います」

──このところ、特にいい勝ち方が続いています。そこについては?

「3連続KO勝ちですよね? 僕はそういう相手とやりたいし、もし負けるなら失神しても構わないと思ってます。その代わり勝つ時には倒して勝ちたいと思っているので、そういう試合ができる相手なので、盛り上げたいです」

──ずばり今回も真っ向勝負ですか?

「そうですね、勝ちに徹してつまらない試合をするつもりはないので、勝つなら自分がKOして会場を沸かせるし、負けるにしても真っ向勝負して派手に散りたいです」

──里見選手はKrushの王座決定トーナメントに出場していて、龍華選手はこのところK-1での試合が続いています。「K-1 vs Krush」という図式にも見えますが、そこについては?

「KrushはKrushで壊し合いみたいな、本当にいい舞台ですし、自分に合っていると思うんですよ。K-1は一握りの選手しか立てない華やかな場所で、その中でも盛り上がる試合をして、最後に自分の名前が挙がるような勝ち方をしたいと思います」

──同じ大会でK-1ライト級王者の朝久泰央選手、先日敗れたKrushライト級王者・瓦田脩二選手がそれぞれスーパーファイトで試合をします。意識はしますか?

「僕はその2人に負けているので、試合内容で絶対に勝ちたいと思っていますし、あの2人はチャンピオンとして背負うものがいろいろあると思いますけど、自分には何もないので、会場を沸かせて、『もう一回やったら里見が勝つんじゃないか』と思わせる試合を、みんなに見せたいです」

──里見選手はこの試合にどんなテーマを持っていますか?

「2021年は最後に負けて終わってますし、一番イヤなのは、トーナメントの2試合が判定決着で終わっていることなんですよ。そこがすごく悔しくて、気持ちよく終われなかったことがすごく残っているので、2022年は全部KOで勝ちたいと思います」

──それでは最後に、ファンのみなさんにメッセージをお願いします。

「2021年はいろんな人に応援してもらって、最後にベルトを巻くところを見せたかったんですけど、それがあと一歩で叶わなくて、裏切ってしまいました。それでも応援し続けてくれる人にはいい景色を見せられるように、必死に頑張っているので、応援よろしくお願いします」

 

選手登録