2021.12.27

 12月27日(月)都内にて、2月27日(日)東京体育館にて開催される「K-1 WORLD GP 2022 JAPAN」の第2弾対戦カード発表記者会見が行われた。

 K-1ライト級スーパーファイトで里見柚己と龍華の対戦が発表された。この日発表されたK-1ライト級のスーパーファイトは朝久泰央vs与座優貴、瓦田脩二vs篠原悠人とこの試合を合わせて3カードだが、会見に同席した中村拓己K-1プロデューサーも「ただ勝つだけじゃなくてインパクトを残して、この勝者だったらライト級の上に行くんじゃないかという期待感をもたせるファイトと結果を見せてほしい」と期待を寄せる一戦だ。

 里見がK-1に参戦するのは2019年の6月K-1両国国技館大会以来で、約2年8カ月ぶりとなる。その間はKrushで研鑽を積み、今年は第6代Krushライト級王座決定トーナメントにも出場。決勝戦で瓦田に敗れはしたものの、準優勝の実績を引っ提げてK-1への2度目の参戦だ。「自分は判定とか行く気はないんで、必ずKO決着して一番面白い試合にしたいと思っています」と意気込みを語った里見。

 前回K-1に参戦した時は「まだまだ未完成な状態で、ただの勢いだけで行っただけ」と振り返っていたが、現在は「全てが変わったと思っています」と成長の手応えも感じている。「若い選手がドンドン出ていかないといけないと思っているんで、ただの巧い試合とかじゃなくて、必ずみんなの記憶に残る試合をして、これからK-1を引っ張っていかなきゃいけないと思っています」と、K-1のライト級戦線を牽引する存在になることを誓っていた。

 一方の龍華は24歳の里見よりさらに若い19歳。デビュー戦で負けて以降は8連勝を飾っており、しかもここ3戦は連続KO勝利と注目度が急上昇中のファイターだ。会見で発した意気込みも「正直自分とはレベルが違うのかなと思っているので、しっかりKOしてベルトに繋げていきたいと思います」と鼻息荒い。5歳年上の里見に対して、「里見選手は巧いんですけど、技術戦で自分が一方的に何もさせないで倒してもいいですし、自分がガツガツ行って一方的にボコボコにして倒すというのも面白いと思います」と挑発も辞さず、自信たっぷりだ。

 龍華の目が捕らえているのはK-1ライト級のベルトだ。相手の里見からも「本当に実力も凄いし、連勝してKO勝ちも凄いしてきている選手で、ライト級の泰央のチャンピオンに近いと思っている」とその実力は認められているが、「このまま連勝とKOを続けていけばベルトも近いうちに見えてくる」と、連続KO勝利の記録を伸ばしての王座戴冠を見据え、2022年最初の試合に臨む。

里見柚己
「まずは2021年もたくさんの応援ありがとうございました。Krushのトーナメントに出場させてもらって、チャンピオンになっていっぱい生意気なことを言いたかったんですけど、決勝で負けちゃったんでまた一から頑張ろうと思って。来年1発目で本当にライト級で一番勢いがあると思っている龍華選手と決まったんですけど、自分は判定とか行く気はないんで、必ずKO決着して一番面白い試合にしたいと思っています。

(K-1参戦は久々だが、前回の参戦時と比べてどこが進化&成長した?)初めてK-1に出場させてもらった時は2019年だったんですけど、その時は本当に全部まだまだ未完成な状態で、ただの勢いだけで行っただけでまだまだだったんですけど、今は約3年経って全てが変わったと思っていますし、京太郎選手も言ってたんですけど、本当に若い選手がドンドン出ていかないといけないと思っているんで、ただの巧い試合とかじゃなくて、必ずみんなの記憶に残る試合をして、これからK-1を引っ張っていかなきゃいけないと思っています。

(中村Pから『ただ勝つだけじゃなくてインパクトを残して、この勝者だったらライト級の上に行くんじゃないかという期待感をもたせるファイトと結果を見せてほしい』という発言があったが?)自分は判定決着になるのが一番嫌いなので、負けるなら失神して負けてもいいですし、勝つなら衝撃的なKOをしたいと思っているので、一番はこの大会で一番盛り上がる試合にしたいなと思っています。

(お互いにサウスポーだが、対サウスポーで得意・不得意はある?)自分もそんなに得意なわけではないんですけど、本当に苦手かって言われたらそうでもないですし、これから本当に龍華選手の試合を見て、いろいろ対策を練って、倒せるように仕上げていきます。(龍華選手から挑発を受けているが、それについては?)本当に実力も凄いし、連勝してKO勝ちも凄いしてきている選手で、ライト級の泰央のチャンピオンに近いと思っているんで。まあでも、ここで自分が派手にKOしたらと考えたらワクワクしてくるんで。凄い認めてる選手だし、自分も前回負けてますし、そこは何も言えないですけど、試合で見せれたらいいなと思っています。

(ファンの皆さんへのメッセージは?)2021年は自分が嫌いな判定決着ばかりだったので、もっともっと強くなって、来年は全部KO決着、出来れば自分が全部KOで駆け上がりたいと思うので、たくさんの応援お願いします」

龍華
「今回の試合は怪我明け1発目ということで、最近まだ蹴れてないんですけど、徐々に仕上げていって、試合までに万全に仕上げて、正直自分とはレベルが違うのかなと思っているので、しっかりKOしてベルトに繋げていきたいと思います。(3連続KO勝利中だが、自分の中でどんなところが伸びていると感じている?)パンチでも蹴りでも倒せるようになってきて、練習でやってることが結構試合で出せるようになってきたんで、次の試合も練習したことをしっかり出せばKOに繋がると思っているんで、そういうところが伸びたかなと思います。

(中村Pから『ただ勝つだけじゃなくてインパクトを残して、この勝者だったらライト級の上に行くんじゃないかという期待感をもたせるファイトと結果を見せてほしい』という発言があったが?)里見選手は巧いんですけど、技術戦で自分が一方的に何もさせないで倒してもいいですし、自分がガツガツ行って一方的にボコボコにして倒すというのも面白いと思います。

(お互いにサウスポーだが、対サウスポーで得意・不得意はある?)いや、苦手ってわけでもないですけど、特別得意っていうわけでもないんで、そこはしっかりと対策をして臨みたいと思っています。(2022年はどこまで登り詰めたい?)自分は今連勝中で連続KO中なんで、このまま連勝とKOを続けていけばベルトも近いうちに見えてくると思うんで、1発目大事なところなんでしっかりKOで勝って繋げたいと思います。

(ファンの皆さんへのメッセージは?)来年1発目の試合で会場でとってもいい勝ち方をして、来ているお客さんたちの記憶に残るような試合をしたいと思います。応援よろしくお願いします」

 

選手登録