2021.12.27

 12月27日(月)都内にて、2月27日(日)東京体育館にて開催される「K-1 WORLD GP 2022 JAPAN」の第2弾対戦カード発表記者会見が行われた。

 K-1ライト級スーパーファイトで瓦田脩二と篠原悠人が対戦することが発表された。現Krushライト級王者の瓦田と、元Krushスーパー・ライト級王者であり、現在はK-1ライト級戦線で2連勝中の篠原。タイトル戦線浮上を懸けた注目の一戦の実現だ。

 瓦田は今年3月「K’FESTA.4 Day.1」東京ガーデンシアター大会以来のK-1参戦。今年後半はKrushのリングで第6代Krushライト級王座決定トーナメントに挑み、見事に王座を獲得したばかりだ。2019年末から8連勝中と絶好調を持続しつつ、現役Krush王者としてのK-1再登場となる。

 会見に同席した中村拓己プロデューサーからは「この1年間、勝ち続けて連勝中。急成長して強くなった」と評された瓦田だが、本人は「自分の映像を見てチャンピオンとして隙きが多すぎるなって自分の中で反省点が多かったので、こうやって隙きを突くのが巧い篠原選手を相手にどうやって自分が戦えるのかを見せられたらと思っています」と至って謙虚な姿勢。篠原に対しても、「一つ上の階級でKrushのベルトを獲っている選手なのでそこを意識して、一つ上の階級でベルトを獲っている選手に自分がどうやって戦えるのかっていうのを意識してやっていこうと思っています」と、挑戦者のような気持ちで挑むようだ。

 2022年に目標として掲げているのはやはりK-1のベルトだが、「そこは今は焦ってなくて、今持っているKrushのライト級のベルトの価値をドンドン上げていきたいと思っていて、そのためには組んでもらったK-1の試合をこなしていくこともKrushのベルトの価値を上げていくことだと思っています」と、まずはK-1のリングでKrush王者としての価値を高めていきたいという意向も持っている。「本当に最高の状態の時に自分が注目されて、チャンスがあればK-1のベルトも狙っていきたいなと思っています」と、周囲の期待感も高めて、満を持してのベルト挑戦を思い描いているようだ。

 対する篠原は昨年からゴンナパー・ウィラサクレック、卜部功也、西京佑馬とライト級戦線のトップ選手たちに3連敗を喫していた。しかし、今年9月のK-1横浜アリーナ大会で谷山俊樹、12月のK-1大阪大会では石田勝希を破って、2連勝中と巻き返しの真っ最中だ。「自分的には内容に納得はいってないし、練習したことを試合の中で100%出せてないので、そこがもうちょっと上手く出来れば試合でもKOやったりといい形に繋がると思うので、そこがまだ足りてないなという感じですね」と、本人はまだまだ本調子にはないと言う。

 しかし、「Krushでライト級のベルトを獲った瓦田選手にしっかりK-1で勝てばアピール出来ると思う」と、Krush王者との対戦はタイトル戦線浮上のチャンスと捉えている様子。「瓦田選手は身長も高くて、独特なファイトスタイルかなと思うんですけど、逆に対策したらやりやすい相手かなと思うんで、しっかり対策して勝とうかなと思っています」と、その攻略にも自信を見せていた。

 狙うは瓦田と同じくK-1ライト級のベルト。「そのためには一つ一つ試合を確実に勝っていかないといけないと思うんで、来年は全勝で行きたいなと思っています」と連勝を伸ばし、目指すタイトルにたどり着くことを宣言していた。
 
瓦田脩二
「今回Krushのライト級チャンピオンとして初めての試合になるんで、Krushを背負っていい結果を残せるように全力で頑張りたいと思います。是非応援をよろしくお願いします。(Krushチャンピオンになっての初めての試合だが、どんな心境で臨む?)前回の試合とかもそうなんですけど、自分の映像を見てチャンピオンとして隙きが多すぎるなって自分の中で反省点が多かったので、こうやって隙きを突くのが巧い篠原選手を相手にどうやって自分が戦えるのかを見せられたらと思っています。

(前回のK-1参戦からどこが変わった?)一番はこれから戦っていく相手は自分がミスをしたらそこを少ないチャンスでも、向こうはものにしてくると思うんで、自分のミスを減らしていかないといけないと思っているんで。(現役KrushチャンピオンとしてK-1常連の篠原選手と戦う心境は?)自分の中でK-1のというより、一つ上の階級でKrushのベルトを獲っている選手なのでそこを意識して、一つ上の階級でベルトを獲っている選手に自分がどうやって戦えるのかっていうのを意識してやっていこうと思っています。(2022年のK-1でどこまで登り詰めたい?)もちろんベルトは狙っているんですけど、自分の中ではまだまだ注目度が足りないなっていうところはありますし、自分の試合を見たいと思ってもらえる人を増やせるようにそういう試合をしていきたいと思っています。

(ファンの皆さんへのメッセージは?)2022年の目標としては先程も伝えた通り、K-1のチャンピオンになることが目標ではあるんですけど、そこは今は焦ってなくて、今持っているKrushのライト級のベルトの価値をドンドン上げていきたいと思っていて、そのためには組んでもらったK-1の試合をこなしていくこともKrushのベルトの価値を上げていくことだと思っていますし、そうやってKrushのベルトの価値を上げていって、本当に最高の状態の時に自分が注目されて、チャンスがあればK-1のベルトも狙っていきたいなと思っています。一戦一戦これからも是非応援よろしくお願いします」

篠原悠人
「前回試合が終わってから、次すぐ試合をしたいと思ってたので、すぐ決まって嬉しいですし、相手が瓦田選手でKrushのチャンピオンなので、ここでしっかり差のある勝ち方をすればライト級の中でも存在がアピール出来ると思うんで、しっかり勝ちたいと思います。(連敗脱出して連勝していて、どこが良くなっていると感じている?)形としては2連勝なんですけど、自分的には内容に納得はいってないし、練習したことを試合の中で100%出せてないので、そこがもうちょっと上手く出来れば試合でもKOやったりといい形に繋がると思うので、そこがまだ足りてないなという感じですね。

(現役Krushチャンピオンを迎え撃つ心境は?)Krushでライト級のベルトを獲った瓦田選手にしっかりK-1で勝てばアピール出来ると思うんで。瓦田選手は身長も高くて、独特なファイトスタイルかなと思うんですけど、逆に対策したらやりやすい相手かなと思うんで、しっかり対策して勝とうかなと思っています。(2022年のK-1でどこまで登り詰めたい?)やっぱりライト級のベルトを目指したいし、そのためには一つ一つ試合を確実に勝っていかないといけないと思うんで、来年は全勝で行きたいなと思っています。

(ファンの皆さんへのメッセージは?)2022年1発目のK-1で、自分もスタートだし全戦全勝で行こうと思っているんで、その大会のためにしっかり盛り上がる試合をして、いい試合にしたいと思っているんで、応援よろしくお願いします」

 

選手登録