2021.12.02

 都内・レンジャージム赤坂にて、12月4日(土)エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館第1競技場)で開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~スーパー・ウェルター級&フェザー級ダブルタイトルマッチ~」の[スーパーファイト/K-1スーパー・ヘビー級/3分3R・延長1R]でRUIと対戦する北京五輪柔道金メダリスト・石井慧が公開練習を行なった。

 現在、クロアチアを拠点に活動している石井が再び日本にやって来たのは11月中旬。自主隔離があるため早めの来日となったが、「(隔離は)慣れないですね(苦笑)。調整するのも難しい」と、隔離生活の中での調整に苦労した様子。しかし「今は疲れも抜けてきて調子も上がってきています」と、2日後に迫った試合に向けてコンディションも上向きに整えてきたようだ。

 柔道から総合格闘技に転向し、前回9月のK-1横浜アリーナ大会では初めてのK-1ルールの試合に挑戦した石井。クルーザー級のトップ戦線で活躍する愛鷹亮と延長にもつれ込む接戦を制し、判定で勝利をもぎ取った。初めてのK-1ルールでの試合について、「思っていたよりもスパーリングと変わらない感じですかね」という石井。しかし、「逆に分からなかった部分が分かり始めた」と、試合でしか感じられない感覚も掴めた。

 クロアチアで指導を受けているミルコ・クロコップからは「もうちょっとリラックスしてやったほうがいい」というアドバイスを受けたそうだが「見えてなかった部分が見えることによって前回よりも気持ちの面でも楽というか、これでいいのかなみたいな感じのはあるんですけど、いい方向に集中できているっていうのはありますね」と、2度目のK-1ルールということもあり、今回はリラックスして試合に臨めそうだという。

 前回の試合後にはすぐにクロアチアに帰国し、大阪大会の試合に備えて立ち技格闘技の練習に集中。前回同様にミルコのもとでハードなスパーリングを繰り返し「他の日本人の選手とはスパーリングの量自体が違う」と実戦に即した練習で自分を磨いてきた。

 今回の対戦相手のRUIについては、「身長が194cmですけど、普段から練習・試合でやっている選手がそういう長身の選手なんで、愛鷹選手よりやりやすいんじゃないですかね」と語る石井。RUIが得意とする長身から繰り出されるヒザ蹴りがポイントになりそうな試合だが「僕も身長が低いんでいつもヒザ蹴りは狙われる立場ですし(ヒザ蹴りには)免疫もある。もしヒザ蹴りが当たっても大丈夫かなというのはあります」と、あまり意に介していないようだ。

 スーパー・ヘビー級ではあまり身長が高いとは言えない石井だけに、これまでの試合でも自分よりも背の高い相手との対戦が多かった。「やっぱ慣れだと思うんですけどね」と、長身の選手との対戦経験の多さがRUIと対峙する上でも自信になっている。

 また公開練習で石井はシャドーボクシングと2分1Rのパンチのミット打ちを実施。ミット打ちでは相手のミドル・前蹴りを防御しながらパンチを返し、蹴りを得意とするRUI対策ともいえる動きも披露。クロアチアで「もっと手数を増やす・コンビネーションに取り組んできました」という言葉通りのパンチを打ち込んでみせた。

 このK-1という舞台で石井が目標にしているのは、旧体制のK-1で王者となりボクシングでも実績を残してきた京太郎の首だ。「この試合に集中して勝って、ロード・トゥ・京太郎選手で頑張りたいですね」と、来年の目標を語った石井。

 京太郎は前回の9月K-1横浜アリーナ大会で現K-1クルーザー級王者のシナ・カリミアンにK-1ヘビー級スーパーファイトで戦って敗戦を喫しているが「でも京太郎選手は100kg以下に体重を落としてたじゃないですか? もし100kg以上だったらどうだったのかなと思う」と、京太郎の実力を疑う向きはない。「(カリミアンとやってみたい?)京太郎選手とやる前に(カリミアンと)やりたいですね、やれるなら。僕は身長が高い人のほうがやりやすい」と、京太郎との試合の前にシナとの試合にも興味を示していた。

 しかし、自身で思い描くストーリーを進めるには今回のRUI戦突破は必須だ。地元・大阪での試合ということもあり、「気合いが入るというか嬉しいし楽しみだし、前回大阪で試合をしたときは同じ会場だったんですけど、いい勝ち方もして縁起もいい場所なんで、今回も勝ちたいですね」と、気持ちも高まっている様子。「今回の自分のテーマは自分から攻めて、自分で試合を作って倒しに行くみたいな感じですね」と、KOを狙って地元・大阪のリングに立つ。

 

選手登録