2021.12.02

 12月4日(土)エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館第1競技場)で開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~スーパー・ウェルター級&フェザー級ダブルタイトルマッチ~」の[プレリミナリーファイト第1試合/K-1ライト級/3分3R]で対戦する梨緒弥と三宅祐弥のコメントを公開!

梨緒弥
「(今回の試合が決まった時の心境は?)前回の試合から1年休もうと思っていたのですが、K-1大阪大会という大舞台でのチャンスを頂いたので掴み取ろうと思いました。(現在連敗中で)敗因を考えながら練習しています。(対戦相手の印象は?)特になし。(地元・関西での試合で、どんな試合を見せたい?)とりあえず勝つ。チャンスが何度かあると思うので、そこでKOできたらいいなと思ってます。(今後の目標は?)3連敗したので、5連勝ぐらいしてKrushのベルトを狙っていきたい」

三宅祐弥
「(試合が決まった時の心境は)ようやくきたか、という感じですね。長い間怪我で試合ができなかったので今回試合が決まってその日からずっと楽しみで仕方ないです。(これまでの格闘技歴は?)今まで本腰を入れて格闘技に専念してきたわけではなくて。大人になると今まで遊んできた友達らと集まる機会も減っていって、それが寂しくて地元の公園で友達を集めて楽しく練習していました。それで僕だけが地下格闘技の試合に出ていた感じで、そこから僕の試合を見てプロのジムの会長さんから『うちのジムおいで』などの誘いがあって、色んな巡り合わせと流れでいつの間にかここまできました。(対戦相手の印象は)見たことあるぞーって感じでした!同じ大阪の人間で共通の知り合いも多くて、K-1初戦の相手にはもってこいの相手やな思いました。

(地元関西での試合で)仕事を休んでまで応援にたくさんの方たちが駆けつけてくれるのでカッコつく試合がしたいですね。勝っても負けてもKO必須で、注目集める試合しますよ。(K-1初戦で)自分の応援、試合での盛り上がり。そして過去は公園で練習していた人間がK-1まで上がって、さらにしっかり勝てるんやぞと言うところをアピールしたいです。あの頃は自分でもまさかK-1の舞台に立つとは思いもしなかったので。夢ありますね。K-1いうたら三宅祐弥やというぐらい名前を広げていきたいです。(今後の目標は)今回の試合に勝てば、格闘技に専念する事も視野に入れているので、とりあえずはここしっかり勝つことです。K-1は世界トップの舞台だと思っているので僕みたいなまだまだ弱い人間がチャンピオン目指しますなんて今は言いません。今は12月4日に結果残すことしか頭にありません」

 

選手登録