2021.11.06

 12月4日(土)エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館第1競技場)で開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~スーパー・ウェルター級&フェザー級ダブルタイトルマッチ~」の[スーパーファイト/K-1フェザー級/3分3R・延長1R]で才賀紀左衛門と対戦する玖村修平のインタビューを公開!

――地元・大阪でのK-1出場が決まりました。

「3年前に初のK-1大阪大会が開かれて、その時に出させてもらったんですけど、気負い過ぎて硬くなってしまい、始まってすぐにバッティングを受けノーコンテストで終わってしまったんです。K-1大阪はすごく悔しい思いをしたリングなので、やっとリベンジできる機会が来ました。大阪で試合ができることが素直に嬉しかったです」

――しかも対戦相手の才賀選手とは同じ堺市出身で、地元の先輩・後輩対決となります。

「学年が8つぐらい離れてるので直接は知らないんですけど、僕の先輩の先輩だったりで、話は昔からよく聞いてます。昔大晦日にK-1甲子園で才賀選手が出てた時、父親が知り合いに電話を始めて『才賀の息子が出てるぞ』みたいな感じで話をしていたこともありました。前回1度決まった時も普段連絡を取らないような地元の先輩からも連絡があったし、それが流れて大阪でやることになったのは運命的なものを感じます」

――選手としての印象はどうですか?

「昔は空手の大技とかがあって華のある選手かなって思ったんですけど、今の印象は正直ないですね。あと才賀選手はPURGE TOKYOで、もともと僕がお世話になっていた久保優太選手の下でやっているので、どういう練習をしているか大体分かるというか。才賀選手にPURGE TOKYOのスタイルが合うのかなって思うし、どんな作戦というか対策を練ってくるかは大体想像がつきます。僕としては、お世話になった人たちの僕に対するイメージを超えたいです。この試合は先輩の才賀選手を超えるのは当然なんですけど、上にいる久保選手に“これだけ僕は成長しましたよ”という姿を目の前で見せたいなって思ってます」

――なるほど。それが今回の玖村選手のテーマでもあるんですね。

「そこは結構大きいですね。K-1ジム五反田チームキングスからトップの久保兄弟が抜けて“チームキングスはもともといた人たちが強かった”という意見も多いので、そうじゃなくて“俺たちはこんなに強くなったんだ”というのを見せたいし、その意見を引っくり返したいです。そのために才賀選手はちょうどいいジムの、ちょうどいい相手です。大阪で3年ぶりに試合をして自分の成長を見せられるし、相手のジムに対しても周りに対しても成長を見せられる。すごくいい機会をもらったなっていう感じです」

――それでは楽しみにしているファンの人たちへメッセージをお願いします。

「前回今のチャンピオンと戦わせてもらって、周りが求めていた試合ができなくて、中途半端な試合をしてファンの人たちもガッカリさせてしまいました。しばらく試合も空いて、ずっとその思いも持ったままトレーニングしてきました。今回は本来のアグレッシブな姿を見せて大阪でしっかり復活したいと思うので、楽しみにしていてほしいです」

 

選手登録