2021.11.05

 東京・K-1ジム五反田にて、12月4日(土)エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館第1競技場)で開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~スーパー・ウェルター級&フェザー級ダブルタイトルマッチ~」の[スーパーファイト/K-1フェザー級/3分3R・延長1R]で才賀紀左衛門と対戦する玖村修平が公開練習を行なった。

 2分1Rのミット打ちで鋭いキック、パンチ、ヒザ蹴りを繰り出した玖村。試合まで約1カ月となり「だいぶ疲労も溜まってきたんですけど、いい調子で練習は進んでいます」とコンディションの調整には問題がないようだ。

 玖村の前回の試合は、5月のK-1横浜武道館大会での現K-1フェザー級王者・椿原龍矢とのスーパーファイト=ノンタイトル戦だった。しかし、チャンピオンの牙城を崩せず、「K-1の人たちやファンの人たちが望んでいた椿原選手のアウトボクシングをアグレッシブに飲み込んでいくという戦いができなかった」と悔しい気持ちを味わった。椿原戦後、試合期間が空いたことでその気持ちを晴らす場もなく、その分練習に打ち込んでいたという。

 だが、試合の中では収穫もあった。蹴りを得意とする玖村は、椿原が「僕が蹴るたびに嫌がる顔をずっとしていたんで、自分の蹴りは武器になると思いました」と、自分の武器に改めて自信を持った様子。その上で「ポイント的には蹴りだけじゃダメだなっていうのがあったんで、さらに磨きをかけて倒せる蹴りからパンチに繋げられるようにっていうのが得られました」と課題も見つかった。

 そのうえで「プレッシャーのかけ方だったりポジションの取り方だったり、蹴りに磨きをかけたり、パンチの技術を前回で足りないと思ったので伸ばしています」と、自身のレベルアップに努めながら試合に備えていた。

 そこで決まったのが、今回の才賀との試合だ。才賀は玖村にとって地元・大阪府堺市出身の先輩で、一度は今年3月の「K’FESTA Day.2」日本武道館大会で組まれていた試合だ。この時は才賀の負傷により流れてしまったが、地元・K-1大阪大会で満を持しての対戦が実現。「地元の人たちから大阪対決やなっていう連絡をいっぱいもらったし、楽しみにしてくれている人が凄く多いんで盛り上げられるように頑張ります」と周囲の反響の大きさにモチベーションも高まっているようだ。

 しかし、カード発表記者会見でも口にしたように、玖村自身は才賀に対しての印象が「あまりない」という。「知名度がある選手ですけど、それぐらいしかないんですよね」と玖村。「テクニック的なところは昔からやっているしベテランなのであると思うんですけど、気持ちが弱いなと思います。逆に僕は気持ちの部分で負けないと思っているんで、気持ちで潰しに行けたらと思います」と才賀を気持ちで飲み込むつもりだ。

「(才賀は)会見でも格闘技に対して集中出来なかったと言っているんで、そのへんは格闘技をナメているじゃないですけど…。僕たちはこれ(格闘技)に命を懸けてやっているんで、中途半端な気持ちでやっている選手は気持ちが弱いと思っているし、そういう選手に負けてはいけないと思っています」とバッサリだ。

 その記者会見でも玖村は才賀のことが「前回の会見の時よりも小さく見えた」という。さらに「やる気があるのかな?っていう感じだったんで、殺気で飲み込んでやろうと思っています。試合になったらどう来るのか分からないですけど、あの感じで来るんだったら殺気でも飲み込んで倒します」と容赦なく叩き潰す腹積もりだ。

「格の違いを見せないといけないと思っています」と、才賀を圧倒したい気持ちを強く持つ玖村。才賀はこれがK-1復帰第2戦となるが、「いきなり入ってきて、一気にいい想いは出来ないんだぞというか、逆に僕が壁になります。前回チャンピオンとやらせてもらったし、今のK-1での経験の差と覚悟の差を見せたいなと思っています」と、新たなK-1の代表として旧K-1を経験している才賀の前に立ちはだかる。

 玖村の目標はK-1王座を獲ること。今大会では王者の椿原が軍司泰斗の挑戦を受けるタイトルマッチも組まれているが当然意識はしている。「トップにまた駆け上がっていくには圧勝、一方的に僕が殴ったり蹴ったりするっていう展開の試合をしないといけない」と、チャンピオンに対して自身の存在をアピールする試合をしたいところ。フェザー級は「フェザー級戦国時代」とキャッチコピーがついたように激戦区として知られているが、椿原はカード発表記者会見で「天下統一」という言葉を口にし、今回のタイトルマッチでその戦国時代に終止符を打とうとしている。

 玖村は「もう一回這い上がりたいし、リベンジしたい相手もいるし、そのためにも今回はもう一回、怖いなと思わせるような試合をしたいです。(トップ選手たちに)ウカウカしてられないぞ、余裕持ってられないぞと思わせたいですね」と、椿原の天下統一阻止に気合いを漲らせていた。

 

選手登録