2021.10.28

 10月28日(木)都内にて、12月4日(土)エディオンアリーナ大阪で開催される「K-1 WORLD GP 2021」の第3弾対戦カード発表記者会見が行われた。

 K-1フェザー級スーパーファイトとして、才賀紀左衛門vs玖村修平の一戦が発表された。両者は今年の3月「K’FESTA.4 Day.2」日本武道館大会で一度対戦が組まれていたが、才賀が負傷をしたため流れていたという経緯がある。今回、2人の地元である大阪大会で仕切り直しの一戦を戦うことになった。

 これが昨年の12.13K-1両国国技館大会以来、約1年ぶりの試合となる才賀は、K-1復帰2戦目に向けて「まあ、試合かって感じで頑張ります」とコメント。修平に対しての印象も、「試合とか見たことが正直ないんで、顔がカッコいいなっていう、イケてる最近の男の子かなという感じです」と言うに留まる。

 負傷の影響もあり練習を再開できたのは最近とのことだが「玖村くんはタイトルマッチもやってましたよね?(※正しくはK-1王者の椿原龍矢とスーパーファイトで対戦)だから僕も勝ってさせてもらえるように頑張ります」と、タイトル戦線への参入は視野に入れていることを語るなど、掴みどころのないキャラクターを見せた。

 対する修平は今年の5月のK-1横浜武道館大会で現K-1フェザー級王者の椿原龍矢とスーパーファイトを戦い敗北。再起を懸けての一戦となるが、何よりも今回は3年前の雪辱に燃えている。

 初めてK-1大阪大会が開かれたのは3年前の2018年の12月8日。同大会に参戦した修平は林勇汰とK-1スーパー・バンタム級スーパーファイトを戦ったものの1Rにバッティングを受けて負傷→ノーコンテストという結果に終わっていた。そのこともあって、「この舞台でずっとリベンジしたいなと思っていて、やっと3年越しにこの舞台でリベンジする機会をいただき、ありがとうございます」と、モチベーションが高い。

 また対戦相手の才賀は地元・大阪府堺市の先輩だ。「逆にこのタイミングで大阪でまた組まれたっていうのは運命的なものを感じているんで」と、仕切り直しの一戦が地元で組まれたことも気持ちが盛り上がっている要素のようだ。3月に才賀との試合が一度決まった時は反響も大きかったようで、「大阪だし、みんな見に来てくれると思うんで、その人たちを盛り上げられるようにしっかり勝ちたいと思っています」と、地元・大阪での勝利に燃えている。

 そんな修平と対照的なのが才賀。地元の先輩後輩対決にも、「僕は地元愛が全くないんで(笑)」とあまり興味を示していなかった。しかし「地元愛はないって言ってもやっぱり僕は大阪にずっといたんで、堺という土地より大阪は凄い好きやし、知り合いもいるんでその大阪をしっかり盛り上げて。まあ、勝手に盛り上がるかなっていう感じですね」と、やはり大阪での試合には燃えるものがある様子。1年前の卜部弘嵩との試合も反則裁定という消化不良の結果に終わっており、K-1復帰2戦目となる今回の試合から本格的な復活の狼煙を上げることを目論んでいるようだ。

才賀紀左衛門
「久しぶりに試合するっていうのと、あとは大阪なんで。まあ、試合かって感じで頑張ります。(一度流れた試合だが、オファーを受けた時の心境は?)試合は流れちゃったんですけど、最近練習し始めて。その間は怪我してたんであまり出来なかったんで、体のケアをしっかりやって。まあ玖村くんというのを聞いて、特に思うことはなかったんですけど、そんな感じです(笑)。(対戦相手の印象は?)イケメンっていうぐらいですかね。あんまり試合とか見たことが正直ないんで、顔がカッコいいなっていう、イケてる最近の男の子かなという感じです。

(玖村選手から印象がないと言われたが?)まあ、ちょっとあんまり格闘技に集中も出来てなかったんで、特に言うことはないですね(笑)。(地元の先輩後輩での対決についての想いは?)僕は地元愛が全くないんで(笑)。何とも思わないというか、一緒だったんかなホンマにっていう感覚ですかね。まあ僕が途中、外に行ったりもしているんで、地元愛が全くないので。

(地元の大阪で試合をすることはどう感じている?)地元愛はないって言ってもやっぱり僕は大阪にずっといたんで、堺という土地より大阪は凄い好きやし、知り合いもいるんでその大阪をしっかり盛り上げて。まあ、勝手に盛り上がるかなっていう感じですね。ここでしっかり倒して、玖村くんはタイトルマッチもやってましたよね?(※正しくはK-1王者の椿原龍矢とスーパーファイトで対戦) だから僕も勝ってさせてもらえるように頑張ります」

玖村修平
「まず地元・大阪で試合を組んでいただきありがとうございます。大阪での試合は3年前、初のK-1大阪大会に出場させていただいたんですけど、そこで緊張しすぎて空回りしてしまい、1Rにバッティングを受けてしまい、1Rでノーコンテストという悔しい結果になりました。そこでこの舞台でずっとリベンジしたいなと思っていて、やっと3年越しにこの舞台でリベンジする機会をいただき、ありがとうございます。今回はしっかりこの舞台を楽しんで地元・大阪を盛り上げられるようにしっかり倒しに行きたいと思います。応援よろしくお願いします。

(一度流れた試合だが、オファーを受けた時の心境は?)前回、試合が流れてしまったのは残念だったんですけど、才賀選手がK-1に参戦が決まった時にこの階級でやるって知って、二人とも大阪堺市出身なんで絶対に大阪でやりたいなと思っていて、アピールしようと思っていたんで。逆にこのタイミングで大阪でまた組まれたっていうのは運命的なものを感じているんで。でも、前回は相手が怪我してその間、どうしていたか分からないですけど、僕は試合も組まれ続けてきたんで、その差を見せて今回倒しに行きたいと思います。

(対戦相手の印象は?)昔は空手の多彩な技が凄いなっていう印象だったんですけど、特に今の印象はないので、前回も1Rで倒しに来るって言ってたんで、多分倒しに来ると思うんで、僕も1Rから倒しに行きます。(地元の先輩後輩での対決についての想いは?)年齢差もあって直接な繋がりはないんですけど、前回試合が決まった時に地元の普段は連絡を取らないような人から連絡が来たりとか、才賀選手が昔、K-1甲子園に出たりした時に親だったり地元の人たちが『才賀が出てる』って言ってて、テレビで見ていた人なんで、そういう地元の先輩でもあるし、地元の人たちは前回『K’FESTA』が決まった時に盛り上がってくれたんですよ。大阪だし、みんな見に来てくれると思うんで、その人たちを盛り上げられるようにしっかり勝ちたいと思っています。

(地元の大阪で試合をすることはどう感じている?)さっき言ったみたいに3年前に大阪でK-1に出してもらったんですけど、そこでバッティングでノーコンテストという一番不甲斐ない試合をしてしまったんで、今回は大阪というよりもこの舞台にリベンジして、普段見に来られない人も来てもらえるんで、盛り上げらるように頑張ります」

 

選手登録