2021.08.30

 9月20日(月・祝)神奈川・横浜アリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~よこはまつり~」の[スーパーファイト/K-1スーパー・バンタム級/3分3R・延長1R]で金子晃大と対戦する晃貴のインタビューを公開!

――昨年11月のK-1福岡大会以来、約10カ月ぶりのK-1参戦となりました。試合に向けた調整・仕上がりはいかがですか?

「いい感じですね。前回の試合(5月のKrush後楽園大会で黒田勇斗に判定勝利)が終わって、すぐオファーをいただいて。間隔をあけずに練習できているので、今までにないぐらい良い感じです」

――試合がコンスタントに続いた方が、調整しやすいですか?

「はい。ずっと試合前という感じで練習ができているので良い調整ができています」

――2021年は2戦2勝(1KO)と好調ですが、好調の要因はなんですか?

「最近の試合では自分の良いところを出せているのかなと思います。変に考えすぎずに、自由に戦って、それが勝利の要因かなと」

――何か練習面で変えたことはありますか?

「自由には戦うんですけど、作戦を練るようにはなりましたね。今まではがむしゃらにやるだけだったんですけど、最近は対戦相手の映像をたくさん見て『ここに隙があるな』とか分析したり、KRESTの(渡辺)雅和さん、(上松)大輔さん、高萩(ツトム)さんたちと相談して、作戦を練るようになりました」

――その作戦・戦略もいい方向に働いている、と。

「最近はそうですね。その方が戦いやすいです。研究もきっちりやるようになりましたし、研究はやった方がいいですよ(笑)」

――対戦相手の金子選手にはどんな印象を持っていますか?

「パワーもあって、スピードもあって、テクニックもあって完璧な選手という印象があります」

――金子選手とはキャリア初期に対戦して敗れており、約4年ぶりの再戦となります。

「かなり前の試合なので、試合内容はあまり覚えてないんですけど、Krushのデビュー戦でド派手にKO負けしたことは覚えています。だから今回“よこはまつり”という大舞台でリベンジするチャンスが来たことに燃えています。ずっと金子選手にはやり返したいと思っていたし、まさかこんな大舞台で再戦できると思っていなかったんで本当に燃えています」

――金子選手にリベンジしたいという想いはずっとあったのですか?

「はい。初めてKrushのリングに立つということで、めっちゃ気合い入ってたのに負けたんで…。とにかく悔しくて、ずっとリベンジしたいと思っていました」

――金子選手は攻撃力、特にパンチに定評がある選手ですが、そこについてはいかがでしょうか?

「パンチが速くてキレもあるので、そこには気をつけたいです。そのうえで金子選手はパンチだけじゃないので、それ以外の部分にも注意しています」

――横浜アリーナという大会場で試合することについては?

「そこもめっちゃうれしいですね。こんな大きい舞台でやるのは初めてなんで。でも今回に関しては金子選手とやれること、金子選手にリベンジするチャンスが来たことが一番うれしいです」

――晃貴選手にとって金子選手はどんな存在ですか?

「対戦相手ですけど、すごいと思う部分もあるんですよ。あれだけ勝ち続けているのは純粋に凄いと思うので、そう思っている選手を超えたい想いもありますね」

――横浜アリーナという大舞台で、どんな試合を見せたいですか?

「僕のことを知らない人がたくさん来ると思うので、打ち合って面白い試合して『晃貴って面白い選手がいる』と思ってもらいたいですね」

――それができる自信はありますか?

「金子選手にKO勝ちしたら盛り上がると思うので、しっかり結果も残してアピールします。金子選手はK-1スーパー・バンタム級のトップだと思っているので、その金子選手に勝って自分がこの階級を盛り上げたいです」

――現在K-1スーパー・バンタム級は王座が空位です。

「今回のウェルター級のように王座決定トーナメントをやってほしいですね。そこで自分が優勝して、スーパー・バンタム級を盛り上げたいです」

――それでは最後にファンのみなさんにメッセージをお願いします。

「僕が金子選手に勝ってK-1スーパー・バンタム級を盛り上げるので応援お願いします」

 

選手登録