2021.08.04

 8月4日(水)都内にて、9月20日(月・祝)横浜アリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~よこはまつり~」の第2弾カード発表記者会見が行われた。

 今回の会見で発表された中で唯一の女子の試合が、この女子-53kg契約スーパーファイトの壽美vs櫻井梨華子の一戦だ。壽美は昨年の11.3K-1福岡大会に参戦し、現K-1女子フライ級王者KANAにスーパーファイトで勝利。その後、そのKANAが返上していたKrush女子フライ級王座を獲得し、一段グレードアップしてのK-1参戦となる。

 会見では「Krushのチャンピオンになってから自覚をさらに持って、いつ試合が組まれても大丈夫なようにと思って毎日練習してきたので、今回はKrushのチャンピオンなんだぞという強さを見せて勝ちます」と、10カ月ぶりのK-1出陣に準備万端をアピールした壽美。「人としても選手としても『チャンピオンだな、この人は』って思ってもらえる行動と練習を、誰に見られてもそう思われるようにやっています」と日頃の生活から王者としての振る舞いに気をつけているという。

 今回の試合はKrush王者となってから初めてのK-1参戦となるが、「自分パワーがついたかなと思うことが増えて、なので力強い試合を見せられたらと思います」と、その強さを見せつけることに燃えている。

 現在、K-1の女子の試合はアトム級やミニマム級が盛り上がっているが、今回は-53kg契約の試合だ。「ちょっと重いほうだからこそ、力強さとかドカーンと勝つところを見せたいですね」と、Krush女子フライ級王者として、他の女子の階級にはないパワーをアピールする。

 対する櫻井は華やかな振り袖姿で登場。空手をベースにK-1アマチュア大会で実績を積んできたファイターで今回がK-1初参戦となるが、着物コンテストのモデルの経験もあり、会見では華やかさで壽美を一歩リードしてみせた。

 K-1 JAPAN GROUPではまだKHAOSでの試合しか経験していないが「いつも道場の先輩が出るK-1やKrushの試合にセコンドとして入らせてもらっていたんですけど、その時に裏で『マネージャーの方ですか?』とか言われたりしてたんですけど、こうやってその方々の前で舞台に出られるのは嬉しいし、ちょっと見せつけてやるぞという気持ちでいます」と千載一遇の機会を掴んでモチベーションも高い。
「女子でも見せられる試合というのはよく女子の選手の会見で聞くんですけど、それを本当に実現したいと思っています」と持ち前の華やかさで女子らしい試合を体現する。

壽美
「Krushのチャンピオンになってから、自覚をさらに持って、毎日いつ試合が組まれても大丈夫なように練習してきたので、今回はKrushのチャンピオンなんだぞという強さを見せて勝ちます。(Krushでチャンピオンになってからどんなところが変わった?)人としても選手としても『チャンピオンだな、この人は』って思ってもらえる行動と練習を、誰に見られてもそう思われるようにやっています。

(Krushチャンピオンとしてどんな試合を見せたい?)パワーがついたかなと思うことが増えたので、力強い試合を見せられたらと思います。(K-1女子はアトム級・ミニマム級の試合が多いが、フライ級をどう盛り上げたい?)やっぱり軽い階級じゃないちょっと重いほうだからこそ、力強さとかドカーンと勝つところを見せたいですね」

櫻井梨華子
「優弥道場の櫻井梨華子です。このたびはK-1の関係者の皆様、試合を組んでくださりありがとうございます。NEXT LEVELの皆様と壽美選手、オファーを受けてくださりありがとうございます。この大きい舞台に立てることはとても嬉しく思っています。いつも応援してくださる皆様に感謝の気持ちを込めて、しっかり当日まで練習していい試合を見せられるようにしますのでよろしくお願いします。

(K-1初参戦が決まった時の心境は?)純粋に凄い嬉しいのと、デビュー戦はKHAOSの試合に出させてもらったんですけど、いつも道場の先輩が出るK-1やKrushの試合にセコンドとして入らせてもらっていたんですけど、その時に裏で『マネージャーの方ですか?』とか言われたりしてたんですけど、こうやってその方々の前で舞台に出られるのは嬉しいし、ちょっと見せつけてやるぞという気持ちでいます。(どういうところをアピールしたい?)女子でも見せられる試合というのはよく女子の選手の会見で聞くんですけど、それを本当に実現したいと思っています。

(K-1女子はアトム級・ミニマム級の試合が多いが、フライ級をどう盛り上げたい?)体重が軽い階級が盛り上がっているんですけど、自分が出たことによって『華があるな』とか、53kgでも52kgでも、いい試合が見られるんだなというのを、自分が出て見せたいですね。(着ている着物については?)私は着物が純粋にめちゃくちゃ好きで、祖母がいろいろ着ていて、小さい頃から見させてもらってたんですけど、こういう大きい舞台では着たいなとか勝手な妄想をしていて、縁があって着物コンテストのモデルを毎年させていただいていて、この着物も縁があって凄くお高いものをいただいたので、この素晴らしいK-1の舞台で着れたらなと思って、気合いを入れて着てきました」

 

選手登録