2021.08.04

 8月4日(水)都内にて、9月20日(月・祝)横浜アリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~よこはまつり~」の第2弾カード発表記者会見が行われた。

 元柔道金メダリストにして総合格闘家の石井慧がK-1初参戦。復活勝利を目指す愛鷹亮が迎え撃つ。石井は2008年北京オリンピックの100kg超級で金メダルを獲得するなど、柔道で輝かしい記録を残しプロ格闘家へ転向。総合格闘技では3つのタイトルを獲得する活躍を見せている。

 対する愛鷹は機動隊員からプロ格闘家へ転向し、Bigbangではヘビー級王座を獲得するなど国内重量級の第一線で活躍。2019年8月のK-1大阪大会では現K-1 WORLD GPクルーザー級王者のシナ・カリミアンを右フック一撃で沈めるジャイアントキリングを成し遂げた。その後シナとの再戦、ANIMAL☆KOJI、K-Jeeに敗れ3連敗中。本大会の石井戦に復活を期す。

 中村拓己K-1プロデューサーによれば、今年に入って石井サイドからK-1にコンタクトがあり「立ち技の試合に挑戦したい。立ち技をやるならK-1で戦いたい」という石井の要望に応える形でK-1 JAPAN GROUPとの契約がなされたという。

 初参戦の相手には元柔道家でありヘビー級・無差別級での試合経験も豊富な愛鷹を抜擢。中村プロデューサーは「愛鷹選手だったらK-1らしい試合になると思った」と、このマッチメイクの理由を語っている。愛鷹は自身が柔道少年だったことに触れると「びっくりしました。柔道の世界では雲の上の存在。そういった方と1対1で戦える場を提供してくれたK-1に感謝します」と降って湧いた金メダリストと戦う機会に喜びを見せた。

 現在クルーザー級を主戦場とする愛鷹にとって、石井は20kg以上の体重差がある相手。かつて20kg差の相手との対戦経験はあるというが「筋肉で20kg違うのと脂肪とでは違う。気持ちで圧力にも屈しないで勝ちに行きます」と、体重差を跳ね返す意気込みを見せた。

 この一戦をマッチメイクした中村プロデューサーは石井の参戦について「格闘技に対する探究心が強い選手。K-1ファイターとしての可能性だったり、いろいろなものが見えてくる」とこの一戦の結果次第で広がるであろう多くの可能性を示した。なお、石井は現在クロアチアでトレーニング中のため、本会見を欠席。ビデオレターで「試合までの間、一日も無駄にすることはせず、毎日死に物狂いで練習して絶対に勝ちます」とコメントを寄せている。

愛鷹亮
「今回石井選手とのオファーをいただいたときには、少しびっくりしました。自分も柔道をずっとやってきたので、石井選手は柔道の世界では雲の上のような存在の方でした。金メダリストで、かたや自分は県チャンピオンレベルの柔道家だったので。そういった方と1対1で戦える場を提供してくれたK-1に感謝しています。

 柔道少年だった自分が金メダリストと試合ができるというのは誇らしい気持ちもありますし、K-1はこういう夢みたいなことができる舞台なんだなと改めて感じました。K-1ファイターとしては自分が先輩なので、もちろん勝ちに行く準備もしていきますし、体重は20kgくらい差があるんですけど、気持ちで圧力にも屈しないで勝ちに行きます。

(金メダリストとK-1ルールで戦うことについて)柔道とは全く別のルールなんで、K-1ルールでは自分の方が戦績を積んでいますし、その分では分があるのかなと思います。(石井の打撃のレベルは?)試合の映像を見てもやっぱり寝技にいくのが多かったので、あまり打撃は見てはいないです。サウスポーで左のスイングフックを振ってそのままタックルというパターンが多かったので、強いフック系で打ってくるので、細かいパンチが上手い印象はないですね。

(石井は現在ミルコ・クロコップのチームで練習しているが)ミルコ・クロコップといったら、自分たちが子供の時にみていたファイター。彼に教わり、彼の打撃を普段から受けていて打たれ慣れしてると思うと、自分の拳がぶっ壊れるくらいの勢いでぶん殴っていかないと倒れないというのはあるので、しっかり切り倒していきたいと思います。
(20kg差は克服できる体重差?)ぶっちゃけやってみないとわからないのが正直なところなんですけど、もともとヘビー級でやっていたときは20kg差とかの試合もやってきました。その時の相手とは肉体レベルが違うので、筋肉で20kg重いのと脂肪とでは全然変わってくると思いますし、やっぱり圧で削られるのはあると思います。あとは打たれ強さですよね。ガードが岩みたいというのも聞くので、しっかりチームのみんなと作戦を立てたいと思います。

(会見ではいつも和装だが、今回はなぜ洋装?)一応生地が和装の生地なんですよ。和装の生地でスーツを作りまして。心機一転じゃないですけど。あとは着付けの人が同行するのが毎回大変なので、自分で切られるスーツがあってもいいと思ってスーツにしました。

(6月にお子さんが生まれたが、試合は3連敗。今回の試合はどんなテーマ?)連敗が続いていてすごい厳しい状態。家族にもかっこいい姿を見せられていない。今回は勝つ姿を見せるのは大前提。自分は後がないので、そこでは開き直った覚悟や強さがあるので、今回の試合でしっかり見せていきたいと思います」

石井慧(ビデオレターによるコメント)
「この度K-1からチャンスをいただき、試合をすることになりました。初めてK-1ルールで、K-1の舞台。このような機会を与えてくださり、本当にありがとうございます。K-1ルール。百聞は一見に如かず。百見は一触に如かず。以前から体験してみたく。体験だけはでなく、次の試合は絶対に勝ちたい思います。試合までの間、一日も無駄にすることはせず、毎日死に物狂いで練習して、次の試合、絶対に勝ちます。応援よろしくお願いします」

 

選手登録