2021.07.31

 7月31日(土)都内にて、9月20日(月・祝)横浜アリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~よこはまつり~」の第1弾カード発表記者会見が行われた。

 先日のK-1福岡大会で朝久泰央が新王者になったK-1のライト級戦線だが、この階級でも注目の一戦が組まれた。4年半ぶりにK-1のリングに戻ってくるベテランの谷山俊樹と、ファンから期待されながらも現在3連敗中の篠原悠人が、K-1ライト級スーパーファイトで激突する。

 谷山は旧K-1のK-1 WORLD MAXにも参戦していたベテラン選手。新体制となってからもK-1に参戦していたが、今回は2017年2月の初代K-1ライト級王座決定トーナメントに出場して以来、4年半ぶり7回目の登場となる。自分が出ていなかった時期のK-1について、「本当に僕が出てなかった4年半はあっという間で、その中で若い選手がドンドン強くなってきている。この篠原選手はまさにそのトップ選手の一人」と語った谷山。「僕も今一番強い状態なんで、僕の実力を示すには本当に最高の相手だと思っているんで楽しみです」と、自信たっぷりに若い篠原を迎え撃つ。

 この4年半の間には地球を1周し、世界五大陸にある様々なジムで武者修行をしていたという。また、プライベートでは結婚もし、「本当に今が一番強い。僕自身は成長した4年半だったと思うし、地に足が着いた姿になったと思うんで、最高の試合をリングで見せられると思います」と自信を見せる。

 一方の篠原は現体制のK-1甲子園出身で、Krushスーパー・ライト級王座を獲得した実績も持つ。しかし、昨年からゴンナパー・ウィラサクレック、卜部功也、西京佑馬に3連敗。「もう後がない」と悲壮な覚悟を持ってのK-1参戦だ。テクニシャンとして知られる篠原だが、「そこを意識しすぎたところもあったし、自分がやってきたことを試合で出せなかった」と自らを分析。「今は自分がやってきたことをしっかり試合で100%で出せるっていう練習をしています」と連敗脱出に向けて、自身の課題克服に時間を費やしている。

「僕もデビューしてから次で20戦目なのであんまり意識してないです」と谷山の豊富なキャリアにも臆するところはない。「強いって言ってたんで楽しみにしているんで、その中でKOで勝ちたいなというのはあります」と、KOで復活の狼煙を上げることを誓っていた。

谷山俊樹
「K-1に4年半ぶりに帰ってきました。本当に今K-1はレベルが高いですね。僕は旧K-1時代から今回7回目のK-1出場なんですけど、今が一番強いんで、ファンの皆様、期待して来てください。(久々のK-1参戦だが、自分が出ていない間のK-1を見ていて、どう思っていたか?)僕が出てなかった4年半はあっという間で、その中で若い選手がドンドン強くなってきている。この篠原選手はまさにそのトップ選手の一人だと思っているし、僕も今一番強い状態なんで、僕の実力を示すには本当に最高の相手だと思うので楽しみです。

 この4年半の間に僕も地球を1周して、世界五大陸のいろんなジムを回ってきて、いろんなジムで武者修行をしたり、プライベートでは結婚式を挙げたり、本当にあっという間だった4年半でした。僕自身は成長した4年半だったと思うし、地に足が着いた姿になったと思うんで、最高の試合をリングで見せられると思います」

篠原悠人
「今、僕は3連敗しているんで、もう後がないんで、ここでしっかりいい勝ち方をして、そこからベルトに挑戦したいと思っているんで、ここはKOで勝ちたいなと思っています。(連敗脱出のためにどんなことを意識して練習している?)今までテクニックというのを結構言われてきて、そこを意識しすぎたところもあったし、自分がやってきたことを試合で出せなかったり、それが実力だったんで。今は自分がやってきたことをしっかり試合で100%で出せるっていう練習をしています。谷山選手は正直あんまり知らないですけど、強いって言ってたんで楽しみにしているんで、その中でKOで勝ちたいなというのはあります。(谷山選手のようなベテランと戦うことについてはどう思っている?)僕もデビューしてから次で20戦目なのであんまり意識してないです」

 

選手登録