2021.07.18

 7月18日(日)、「ECO信頼サービス株式会社 PRESENTS K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~K-1ライト級タイトルマッチ~」福岡国際センター大会の一夜明け会見が行なわれた。

 昨日メインイベントでゴンナパー・ウィラサクレックが持つK-1 WORLD GP ライト級王座に、挑戦した朝久泰央。2Rにゴンナパーに奥足ローを効かされたものの、3Rにヒザ蹴りを突き刺して反撃。試合が延長までもつれると、最後は力を振り絞って前に出た朝久がゴンナパーに競り勝ち、第5代K-1ライト級王座に就いた。

 熱戦を制して遂にベルトを手中に収めた朝久は「地元の大会で、とても熱い試合ができてうれしく思う。最強のチャンピオンであるゴンナパー選手に勝って、こうして手元にベルトを持ってこれたことがとてもうれしい」と、あらためて喜びを表した。さらに兄の朝久裕貴が武林風WLF -60kg級のベルトを保持していることを踏まえ「K-1のチャンピオンになったことで自分もベルトを巻いて、少しは追いつけたかなと思う」と語った。

 そして、理想の王者像として「K-1のベルトは最強の証だと思う。このベルトを巻いたチャンピオンということは、自分が一番強いということを世界中にもっと知らしめていかなくちゃいけない」と意気込みを見せた。

朝久泰央
「(試合の感想は?)昨日はたくさんの応援、ありがとうございました。福岡の地元の大会で、とても熱い試合ができて、とてもうれしく思ってます。その中で最強のチャンピオンであるゴンナパー選手に勝って、こうして手元にベルトを持ってこれたことをとてもうれしく思っています。押忍。(周囲の反響は?)反響はやっぱり大きかったですね。地元の友だちはもちろんなんですけど、日本全国の格闘技ファンのみんなや、世界中のK-1ファンのみんなからもメッセージいただいて、こんなに反響あるんだとうれしく思っています。

(帰ってからご家族でどのような話を?)母さんからは『ケガは大丈夫?』と言ってもらえて。あとは試合の日の流れとかですかね。計量を終えて一回家に帰って、次の日また試合当日、会場に向かう感じだったんですけど。試合当日のウォーミングアップとか、こういう出来事があったとか、ゴンナパーチャンピオンの蹴りはどうだったとか、そういった内容の話が多かったです。

(お兄さんからはどんな声が?)兄貴は自分が勝ったときよりもオマエが勝ったときのほうがうれしいってよく言ってくれるんですけど、心から喜んでくれてるのを感じました。兄貴もWLFという世界のベルトを持ってるんですけど、K-1のチャンピオンになったことで自分もベルトを巻いて、少しは追いつけたかなと思っています。

(お兄さんは今後、K-1に出ていくと宣言していたが、それをサポートしたい?)そうですね。自分がずっと日本で試合をしてきて、そろそろ兄貴も日本で試合がしたいと思うし、もっと大暴れしてくれると思うんで。9月の横浜大会ですかね、兄貴も出たいって言ってたので。そのときは兄貴がアピールしてたとおり、試合に出てもらって。自分はやる相手もいまははっきり言っていないと思うので、タローくんの公認キャラクター化に向けて、ちょっと自分もそっちのほうもサポートできたらなと思っています(笑)。

(朝久道場で朝久兄弟以外にプロを目指してる選手は?)いますね。チビッ子とか中学生とかもちろんいるんですけど、これからK-1アマチュアで実績を積んでいこうという選手が一人と、もういつでも戦えるっていう爆発力のある軽量級の選手がいるので。これからまた、そういった選手も朝久道場から大暴れしてくれると思ってます。

(そのためにもK-1王者であり続けて、朝久道場で東京にこれからも殴り込みをかけるような思いは?)殴り込みというか、そういった気持ちじゃなくて、なんていう言葉がいいかわからないですけど、朝久道場からガンガン、ブッこんでいきたいなと思ってますね。

(K-1チャンピオンとしてどんなチャンピオンになっていきたい?)K-1のベルトは最強の証だと思っています。このベルトを巻いたチャンピオンということは、自分が一番強いということを世界中にもっと知らしめていかなくちゃいけないと思うんで。そういったところのアピールと、やっぱりK-1の団体の公認のキャラクターがいないというのが、自分はずっと引っかかってる部分があるんで。これからは試合をするのであれば、スーパーファイトで65kgの選手とするか、K-1のタローくんコーナーで、そっちの宣伝活動をしていきたいなと思っています(笑)。

(来年も福岡大会を開催したい思いや、九州を盛り上げることについては?)やっぱり九州はとても熱い地方というか、興行になるのかなと思います。これはK-1さんであったり、冠協賛していただいてるECO信頼サービスさんであったり、そしてK-Jee選手がずっと引っ張ってきて、ここまで作り上げてきた大会だと思っています。中村プロデューサーもよく“100年続くK-1を”と言うんですけど、僕もそうなったらいいなと思っています。さすがに僕も100年は戦えないと思いますが(笑)、できるかぎりずっと参戦していきたいと思ってます。

(ファンにメッセージ)いつもたくさんの応援ありがとうございます。こうやってチャンピオンになれたのもみなさんの応援あってこそだと思うし、これからもみなさんに恩返しができるよう、ずっと勝ち続けていきたいと思ってます。またこれからも朝久兄弟とK-1の選手、みんなの活躍に注目していてください。俺自身、ずっと勝ち続けます。押忍!」

 

選手登録