2021.07.18

 7月18日(日)、「ECO信頼サービス株式会社 PRESENTS K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~K-1ライト級タイトルマッチ~」福岡国際センター大会の一夜明け会見が行なわれた。

 第9試合では10カ月ぶりの復帰戦かつ、ウェルター級に階級を上げて初の試合となる安保瑠輝也が、地元出身で今回がK-1初参戦の幸輝と対戦。1Rに幸輝の右ストレートでバランスを崩した安保だったが、すぐに立ち上がるとワンツーを突き刺して先制のダウンを奪う。さらに安保は左フックで連続ダウンを奪うと、最後はミドルキックを打ち込んで秒殺KO勝利を収めた。

 復帰戦を快勝で飾った安保は「喜ぶのは昨日までで、今日からはウェルター級のベルトを獲るために過ごしていく」と早くも気持ちを切り替えている模様。ウェルター級転向初戦だったことについては「手術して治った右手でダウンも取れた。手応えはすごいあった」と振り返った。

 ウェルター級は猛者揃いの激戦区となるが、安保は「課題はもちろんありますけど、いまのウェルター級の安保瑠輝也は強い。いまでも外国人、バチバチ俺はしばけると思ってる。それにおごらず、ちゃんとトレーニング積んで、もっと自信のある最強の安保瑠輝也になろうと思います。次のK-1の顔になるのは俺なんで」と、今後の活躍に期待を抱かせるコメントを残した。

安保瑠輝也
「(試合の感想は?)10カ月ぶりの復帰戦でしっかり倒すことができて、すごいホッとしてますけど、喜ぶのは昨日までで、今日からはウェルター級のベルトを獲るために過ごしていくんで。また、今日からバチッと切り替えてやっていくんで、お願いします。

(ウェルター級で試合をした手応えは?)早く倒しすぎちゃったんで、技術のアップとかパワーアップとかあんまり伝わらなかったと思うんですけど。まあ、最初のダウンはジャブ、ワンツーじゃなくてワンを打ってからワンテンポ、タイミングを動いてからのツーなんです。しかも(怪我が治った)右の拳。あれも手術して治った手なんで。それでダウンも取れてますし。パンチでゴリゴリに押し切らずに、最後に三日月蹴りを出せたのも、けっこう落ち着いてるって感じなので、手応えはすごいありましたね。

(幸輝がパンチで来たときにロープによりかかったが、そのときに前回の敗戦はフラッシュバックすることはなかった?)それは全然なかったです、当たってないんで。ただ、当たってなくてもヒザをついたらイメージは悪いですし、フラッシュダウンっていう制度があるんで。これは当たってないよってことですぐ蹴り返し、左フック打って。あれはべつに当たると思ってなくて、とりあえずダウンじゃないよってことをアピールするために打ちましたね。

(本格復帰して、これからどんな試合をしていきたい?)もちろん、倒せる選手が一番かっこいいと思うので、俺は。倒せる選手に俺はなります。かつ、ウェルター級のベルトは何度も言ってますけど、俺にしか似合わないんで。俺が必ず獲りますね。

(今後はトーナメントも考えられ、外国人選手の出場の可能性もあるが、自分に必要なものは?)課題はもちろんありますけど、いまのウェルター級の安保瑠輝也は強いんで。いまでも外国人、バチバチ俺はしばけると思ってるんで。それにおごらず、ちゃんとトレーニング積んで、もっと自信のある最強の安保瑠輝也になろうと思います。(ファンにメッセージを)昨日はたくさんの応援ありがとうございました。ウェルター級のベルトを必ず獲って、次のK-1の顔になるのは俺なんで、期待してください。ありがとうございました」

 

選手登録