2021.07.18

 7月18日(日)、「ECO信頼サービス株式会社 PRESENTS K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~K-1ライト級タイトルマッチ~」の一夜明け会見が行われた。

 第8試合に登場した和島大海は、アビラル・ヒマラヤン・チーターとK-1スーパー・ウェルター級スーパーファイトで激突。1Rにアビラルの右ストレートでダウンを奪われたが、2Rからローキックを中心に試合を立て直し、3Rに左のローキックでダウンを奪い返す。そして、最後も左のローキックを炸裂させて、見事にアビラルからKO勝利を奪った。

 最初にアビラルにダウンを奪われながらも、「そんなに効いたダウンっていう感じではなくて、1Rの最初のほうは距離感がつかめてなかったなという感じがあったんで、落ち着いて蹴って行こうと思っていました」と冷静さを保てたのが立て直せた要因と語った和島。その後は奥足のローキックを軸に攻めたが、自身の足もダメージを受けていた。

 しかし「僕の足が折れるか、アビラル選手の心が折れるかみたいな感じで、足もメチャクチャ痛くて、最後は僕も根性で蹴っていたっていう感じです」と、気持ちでアビラルを倒し切った。これまでは接戦で勝利することがあまりなかったが、「最初にダウンを獲られて逆転っていうのも自信にも繋がりますし、厳しい試合でも勝てたというのも自信になりました」と精神的な成長も感じられたという。

「今なら木村選手に絶対勝てると思うし、昨日アビラル選手をしっかり倒し切ったんで、タイトルマッチを組んでほしいなと思っています」。アビラルは、自身が昨年敗れた現K-1スーパー・ウェルター級王者の木村“フィリップ”ミノルも倒し切れなかった相手。そのアビラルをKOしたことで、自信たっぷりに木村とのタイトルマッチを希望していた。

和島大海
「昨日はなんとか倒し切れたっていう感じで凄い良かったんですけど、試合も調子が良かったですし、練習の時から調子も良くて、1試合1試合しっかり成長できているというか、凄い自信もついてきて、今なら木村選手に絶対勝てると思うし、昨日アビラル選手をしっかり倒し切ったんで、タイトルマッチを組んでほしいなと思っています。(最初にダウンを奪われたが、その後はどんなことを考えながら戦っていた?)ダウンもそんなに効いたダウンっていう感じではなくて、1Rの最初のほうは距離感がつかめてなかったなという感じがあったんで、落ち着いて蹴って行こうと思っていました。

(奥足のローキックは試合前から狙っていた?)何パターンか用意はしていたんですけど、蹴り中心にというのが僕のファイトスタイルなんで、どこか当たりやすいところから攻めていこうという感じで、奥足のローキックが当たりやすかったんで、奥足のローキックで攻めたって感じです。(倒せるか倒せないかというギリギリの勝負だったと思うが、倒し切ったことについては?)倒し切ったのは本当に良かったなと。蹴ってて思ったんですけど、僕の足が折れるか、アビラル選手の心が折れるかみたいな感じで、僕の足もメチャクチャ痛くて、最後は僕も根性で蹴っていたっていう感じです。

(足が痛いという中で気持ちの勝負だったと思いますが、そこも含めてどこに成長を感じた?)接戦で勝つというのがあんまりなかったかなと。KOが多かったていうのもありますけど、最初にダウンを奪われて逆転っていうのも自信にも繋がりますし、厳しい試合でも勝てたというのも自信になりました。(ファンの皆さんへのメッセージは?)昨日は応援ありがとうございました。また頑張っていきますので、応援よろしくお願いします」

 

選手登録