2021.07.16

 7月16日(金)、開催を明日に控えた「ECO信頼サービス株式会社 PRESENTS K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~K-1ライト級タイトルマッチ~」福岡国際センター大会の公開計量と記者会見が行なわれた。

 第8試合でK-1スーパー・ウェルター級スーパーファイトを戦うのは和島大海とアビラル・ヒマラヤン・チーター。共に現K-1スーパー・ウェルター級王者の木村“フィリップ”ミノルと戦い敗北したという過去があるが、この試合の勝者が次の挑戦者に一歩近づくという見方をされている、スーパー・ウェルター級トップ戦線の戦いだ。

 昨年の木村戦後、ラーシーシン・ウィラサクレックと藤岡裕平に2連勝と巻き返し、「この試合でめちゃくちゃいい勝ち方をして、もう一回木村選手に挑戦したい」と語る和島は、木村でも倒せなかったアビラル(出血によるTKO負け)を「僕がやったら倒せるっていうところを見せる」とKO宣言だ。一方のアビラルも、「相手選手がチャンピオンと2回試合して2回とも負けてるんで、今回僕が勝たないと面白くない」と自信たっぷり。「しっかり倒して次チャンピオンとやりたいですね」とこちらも木村への挑戦権獲得に目をギラつかせていた。

 第7試合では実方宏介と丸山公豊が激突。新設されたK-1スーパー・ヘビー級のスーパーファイトだ。3.28「K’FESTA.4 Day.2」日本武道館大会でK-1初参戦を果たし、京太郎に敗れた実方だが、「明日は相手に何もさせずに一方的に僕が倒して勝ちたいと思います」と、名誉挽回の機会に燃えている。対する丸山は地元・九州で活動するキックボクサーで今回がK-1初参戦。「明日はしっかりKOを狙って全力で殴っていきたいと思います」と“九州最強の重量級戦士”と呼び声高い実力を見せつけることを宣言していた。

 第6試合では西京佑馬と竜樹の若武者2人がK-1ライト級スーパーファイトで対戦する。今大会のメインイベントではゴンナパー・ウィラサクレックvs朝久泰央のK-1ライト級タイトルマッチも組まれているものの、「明日はしっかり集中して倒せる試合をして、レベルの違いを見せられたらと思います」と語る西京は、「倒せば自然にアピールできると思うので、明日は倒すだけですね」とあまり意識していない様子。王者のゴンナパーと同じジムでトレーニングを積み、地元・福岡市出身の竜樹も、「今回はそこは気にせずにこの試合だけに集中して、しっかり勝ちたいと思います」と、こちらも目の前の敵に集中しているようだった。

 第5試合に組まれたのは山本直樹vsSATORU成合のK-1スーパー・フェザー級スーパーファイトだ。両者とも直近の試合は同じ3.27「Krush.123」後楽園ホール大会で、共にKO負けを喫しており、再起戦という共通のテーマを持っての試合となる。

「自分はテクニックでも圧倒して、打ち合いでも圧倒してを目指してるんで、テクニックで圧倒して最後はやっぱりぶっ倒したいと思います」とトップ戦線浮上を狙い、内容面でも圧倒することを宣言した山本。そんな山本に対して地元・北九州市出身の成合は、「山本選手は強い選手なんで、『勝ちます』って簡単には言えないんですけど、何がなんでも勝ちを掴み取りに行きます」と、再起の勝利に向けて強い決意を顕わにしていた。

和島大海
「計量が終わってめっちゃ調子がいいんで、明日は注目していてください。(この階級のトップ戦線での戦いになると思うが、この試合の位置づけは?)僕もこの試合でめちゃくちゃいい勝ち方をして、もう一回木村選手に挑戦したいと思っているんで、この試合は絶対に勝ってまたタイトルに挑戦できるように頑張ります。(相手のファイトスタイルなどを分析して、自分と戦うとどううなると思う?)アビラル選手は身長が高くて、打たれ強くて、攻撃力もあってっていう凄くいい選手だと思います。木村選手とやっても倒れませんでしたし。でも、僕がやったら倒せるっていうところを見せて、また木村選手に挑戦したいなと思っています」

アビラル・ヒマラヤン・チーター
「志村道場所属のHEATミドル級王者、アビラル・ヒマラヤン・チーターです。やることをやってきたんで、あとはしっかりリカバリーして、しっかり寝て、明日K-1ファンの皆さんにKOショーを見せるだけです。(この階級のトップ戦線での戦いになると思うが、この試合の位置づけは?)多分、この試合に勝つとタイトル挑戦に近づくと思います。相手選手がチャンピオンと2回試合して2回とも負けてるんで、今回僕が勝たないと面白くないんで、しっかり倒して次はチャンピオンとやりたいですね。(相手のファイトスタイルなどを分析して、自分と戦うとどううなると思う?)相手選手が蹴りの選手だとみんな知っていると思うんですけど、この一戦はパンチvs蹴りになると思うのでしっかり倒します」

実方宏介
「明日は相手に何もさせずに一方的に僕が倒して勝ちたいと思います。(今大会の最重量級の試合で期待されている部分もあるがどういった試合にしたい?)重量級で3R判定までやってても面白くないんで、丸山選手も倒しに来てくれると思うんで、僕もそれに全力で応えて、僕が一方的に倒して、最終的に僕がKOで勝ってると思います」

丸山公豊
「明日はしっかりKOを狙って、全力で殴っていきたいと思います。(今大会の最重量級の試合で期待されている部分もあるがどういった試合にしたい?)しっかり期待されていることに対して期待に応えて、負けることなんて怖くないんで、しっかり勝ちを目指してやって行きたいです」

西京佑馬
「明日はしっかり集中して倒せる試合をして、レベルの違いを見せられたらと思います。(同じ大会で同じ階級のタイトルマッチがあるが、どういった試合をしたい?)倒せば自然にアピールできると思うので、明日は倒すだけですね」

竜樹
「ウィラサクレック三ノ輪の竜樹です。明日はまた久しぶりに福岡でこうやって試合ができてとても気合いが入っています。明日は絶対に勝ちます。応援よろしくお願いします。(同じ大会で同じ階級のタイトルマッチがあるが、どういった試合をしたい?)もちろん上を目指してやっているんですけど、今回はそこは気にせずにこの試合だけに集中して、しっかり勝ちたいと思います」

山本直樹
「計量で少し手こずってしまったんですけど無事クリアして、しっかり回復して、明日は何がなんでも勝って、次に繋げられるような勝ち方をしたいと思います。応援お願いします。(負けからの再起戦となるが、明日の試合のテーマは?)自分はテクニックでも圧倒して、打ち合いでも圧倒してを目指してるんで、テクニックで圧倒して最後はやっぱりぶっ倒したいと思います。応援をお願いします」

SATORU成合
「明日はもうしっかり盛り上げるだけなんで楽しみにしていてください。(負けからの再起戦となるが、明日の試合のテーマは?)山本選手は強い選手なんで、『勝ちます』って簡単には言えないんですけど、何がなんでも勝ちを掴み取りに行きます」

 

選手登録