2021.06.02

 6月2日(水)都内にて、7月17日(土)に福岡国際センターで開催されるECO信頼サービス株式会社PRESENTS「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN」の第2弾カード発表記者会見が行なわれた。

 和島大海が2021年初戦へ出陣。木村“フィリップ”ミノルからダウンを奪い名を上げたアビラル・ヒマラヤン・チーターと対戦する。和島は昨年3月の「K'FESTA.3」にて開催された第3代K-1スーパー・ウェルター級王者決定トーナメントに出場し、決勝で木村"フィリップ"ミノルに敗北。同9月のK-1大坂大会でラーシーシンにKO勝利を収め再起し、続く12月のK-1両国大会でも藤岡裕平から2連続となるKO勝利を勝ち取った。

 対するアビラルは185cmの長身から打ち下ろす右ストレートを引っさげて、昨年12月のK-1両国大会でK-1デビュー。木村“フィリップ”ミノルから右ストレートで先制のダウンを奪い度肝を抜いた。K-1参戦2戦目となった今年3月の「K'FESTA.4 Day.2」では、小鉄を1RKOで下しK-1 JAPAN GROUP初勝利。ホームリングHEATでのKO勝利を挟んで、3度目のK-1参戦となる。

 木村“フィリップ”ミノルへのリベンジを目指す両者。和島はアビラルを「すごく打たれ強くてガッツがある」と、アビラルも和島を「日本人のスーパー・ウェルター級の中で一番強い」とそれぞれ高く評価した。その上で和島は「僕の蹴りだったら倒せる」と木村のパンチを耐えたアビラルを蹴りでKO宣言。対するアビラルも「僕のパンチとヒザに気をつけて」と真っ向勝負の構えを見せた。スーパー・ウェルター級超注目の一戦。王座挑戦に向け一歩踏み出すのはどちらか?

和島大海
「試合も久しぶりなので楽しみです。初めて福岡で試合をするので、福岡のファンにわかりやすいようなKOで勝ちたいと思います。(アビラルの印象)すごい打たれ強い、ガッツがある。身長も高いし、いい選手だなと思っています。しっかり準備して倒せるようにがんばります。

(タイトルマッチは意識してる?)アビラル選手も木村選手とやっているので、タイトル挑戦できたらいいなと思っています。(どんな勝ち方でアピールしたい?)もちろんKOで勝って挑戦したいと思います。

(以前、自分とアビラルが戦ったら面白くなるとコメントしていたが?)木村選手とアビラル選手がやった試合は、アビラル選手が全然倒れなかったけど、木村選手はパンチが多かったじゃないですいか。じゃあ僕の蹴りをどれくらい耐えられるのかな、と。僕の蹴りだったら倒せるというところを見せたいです」

アビラル・ヒマラヤン・チーター
「この試合はK-1ファンのみなさんが見たいカードだと思います。今回しっかり倒して、今年中に木村選手も倒したいので、応援お願いします。(和島の印象は?)スーパー・ウェルター級の日本人の中で一番強い選手だと思っています。パンチも蹴りも強いと思っていますが……それより僕の方が強いと思います。

(どんな勝ち方でアピールしたい?)いつも通りの僕のKOショーですね。(和島の蹴り技に対して自信は)蹴りでもパンチでもまったく怖くない。それより僕のパンチかヒザが当たると思うので、それだけ気をつけて欲しいです」

 

選手登録