2021.05.31

 5月31日(月)都内にて、「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~K-1バンタム級日本最強決定トーナメント~」横浜武道館大会の一夜明け会見が行われた。

 3月のK-1武道館大会でK-1初勝利をあげたMIOはスーパーファイトで現Krush女子アトム級王者の菅原美優と対戦。K-1女子注目の一戦は菅原の蹴りに下がらなかったMIOが左フックや右ストレートを打ち込み、判定2-0で勝利。前回の山田真子戦に続き、MIOが底力を発揮して勝利をつかんだ。

 MIOは試合について「もっともっとアグレッシブな展開を見せたかった」と反省の弁を述べつつ、「試合勘も戻ってきたので、もっともっと自分らしい戦いかたを見せられるんじゃないかなとは思ってます」と振り返った。

 現王者から勝利を収めたことで、今後の選択肢としてKrushのベルト挑戦が増えたことについては「もちろん興味はありますし、チャンスが巡ってくればどんどん挑戦したいと思ってます」と前向きなコメント。今回は戦前の菅原とのやり取りも注目を集めたが「これからはもっと素を出していこうと思いましたね。16歳からデビューして、いい子ちゃんぶってたので」と、勝利以外にも実りの多い一戦だったことを伺わせた。

MIO
「(試合の感想は?)昨日はたくさんの応援ありがとうございました。もっともっとアグレッシブな試合展開を見せたかったなっていうのが一番ですね。でも、本当にKrush王者の強さも実感できた試合になりました。(勝因になったところは?)やっぱり、前のファイトスタイルからK-1に対応するファイトスタイルに変えてはいるので、それがいいかたちで活きてるのかなとは思います。(今後の目標は?)これで試合も三戦させてもらって試合勘っていうのもすごい戻ってきたので、もっともっと自分らしい戦いかたを見せられるんじゃないかなとは思ってます。

(戦ってみて、思っていた以上にこうだったというのは?)あの華奢な身体から、すごいパワーのある前蹴りだったりローだったり。いい武器だなとは思いましたね。(そこまで蹴らせてなかったと思うが、蹴らせないための作戦はあった?)まあ、蹴られてもいいやとは思ってたんですけど、前蹴り蹴られる前に自分から逆に前蹴りを出すとか。自分からチョンチョン出すのがよかったのかなと思いますね。

(今後の選択肢として、Krushのタイトルを獲るというのもあるが?)そうですね、どうなんだろ。もちろん興味はありますし、チャンスが巡ってくればどんどん挑戦したいと思ってます。(試合後、コスプレイヤーさんと一緒に写真を撮った感想は?)ハハハハ。私、ホントに全然知らなくてビックリしました。いつものお姉さんじゃないと思って。有名なかたなんですよね、あのおふたりも。ビックリしました(笑)。(コスプレに興味はありますか?)ハハハハ。全然ないです、すみません(笑)。

(中村プロデューサーがいずれ菅原選手と再戦する可能性もあると言っていたが?)私自身も近い将来、全然まだ戦うだろうなと。試合が終わった瞬間にも思ったので。ちょっと油断できないなとは思いますね。(今回、戦前のやり合いもあったが、今後はちょっと“怖いオネーチャン”というポジションを貫く?)まあ、年もいい年になってきたので。でも、菅原美優ちゃんも陰で私のこと『26歳のおばさん、怖い』って言ってたらしいんで(笑)。そっちのほうが怖いなって、私も内心思ってますけどね。

(最近、キャラ変更みたいなのがあると思うが、それは菅原選手と戦うことになったから?)キャラ変更っていうか、けっこう元がこういう性格なんで。もっと素を出していこうと思いましたね。16歳からデビューして、いい子ちゃんぶってたので。もっともっと自分を出していこうと思います。(再戦を希望されている高梨選手との初戦のときは、MIO選手が今回の菅原選手のような感じだったが、次やるときはガツガツしたやり取りを?)それはちょっとまあ、考えながらやっていきます(笑)」

 

選手登録