2021.05.31

 5月31日(月)都内にて、「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~K-1バンタム級日本最強決定トーナメント~」横浜武道館大会の一夜明け会見が行われた。

 第15試合で玖村修平に判定勝利し、K-1フェザー級王者となって初の試合を勝利で飾った椿原龍矢。前回のタイトルマッチでは、王者江川優生に僅差の判定で勝利したものの、ステップを駆使し、アウトボクシングで完封するスタイルが議論を呼んだ。

 それだけに今回は「倒す意識」で臨んでいたが、それが空回りしてしまったという。
「倒そう、倒そうが出過ぎてしまって、自分のやりたいことがあまり上手くハマらなかったな、って(苦笑)。でもそれは僕の伸びしろやと思うんで、もっと期待して貰って」

 王者としてイメージしていたスタイルも、軌道修正が必要だと感じた。
「チャンピオンになったからには、倒しにいったり、もっと見せる試合が出来るようになりたいと思ってます。少しは変われたと思いますけど、倒せてはいないんで、次はもっとパワーアップして、技術ももっと上げれるように頑張っていきたい」

 K-1王者としては、防衛戦に対しても意欲的。さらに「言っていただいた対戦相手はいつでも、どこでも、誰とでもやらせていただくんですけど。地元の大阪で、めちゃめちゃ防衛戦をしたいなーと思ってるんで。ぜひオファー待ってます(笑)!」と地元・大阪での防衛戦という夢を語った。

椿原龍矢
「チャンピオンになって1発目の試合はよくポカするって言われとったんですけど、とりあえず勝ててよかったなーと思ってます。押忍。(一夜明けて、改めて試合を振り返っていかがでしょうか)新しく自分のスタイルを作っていってる途中なんですけど、倒そう、倒そうが出過ぎてしまって、自分のやりたいことがあまりうまいことハマらなかったな、って昨日はすごい思いました。(玖村選手と戦ってみての印象は)やっぱり上手いし、速いし。カーフキックとミドルキックがちょっと嫌やったなって、しながら思いましたね。

(チャンピオンとしてどういうところを目指している?)そうですね、今、いろいろと試している最中で、自分のスタイルをまだ確立し切れてないところがあるんですけど、やっぱりチャンピオンになったからには、倒していったりとか、もっと見せる試合を出来るようにはなりたいなって思ってるんで。僕なりのスタイルを作っていければなって思ってます。

(新しいスタイルの完成度は何パーセント?)自分で思ってたものがあったんですけど、昨日やってみて、いったんリセットで、ちょっとまたやり直さなあかんかな、って、ちょっと見えましたね。また新しく、強くはなれたんじゃないのかなって思います。

(チャンピオンになって、周りの反響は)そうですね、応援してくれてる人も一杯、声掛けてくれましたし。いろんな意見はいただいて、少しは変われたんじゃないのかなっていう風に思います。けど、まあやっぱり倒せてないのは倒せてないんで、次からもっとパワーアップと、技術をもっと上げれるように頑張っていきたいと思ってます。

(チャンピオンとしての第一戦で、前回いろいろと言われたこともあって、プレッシャーはあったと思うが)自分的には、あんまり気にしてないつもりだったんですけど、多少はあったんかなっていう風にはすごい思いますね。いろいろ練習してきたんですけど、ちょっと倒すことばっかり意識しすぎて。僕ってやっぱ1発でバチン、と倒す力がまだ足りてないと思うんで。じっくり時間掛けて倒していこうと思っとったんですけど。ちょっとそれが出来なくて。技術の練習ばかりしすぎて、気持ちの練習が足りてなかったんかなって思いました。

(実際に試して、ここが足りない、と思った部分は?)昨日はホンマ、倒しにいこうとばっかりしすぎて、ブンブン振るだけになっちゃったんで。試合中のメンタルの持ち直し方とか、もっとじっくり、計画通り動いたりする。そういうのがもっと大事なんかな、って思いました。けど、それって、まだまだ僕の伸びしろやと思うんで。もっと期待しとって貰っていいかなって思います。

(プレッシャーを感じつつも、前日計量ではすごく明るかった。どういうメンタルの作り方を?)僕、試合の直前までは他人事っていうか、あんまりプレッシャーも感じず、緊張もせずって感じで。そのかわり、試合の2~3試合前に一気にバン、と来て。ちょっと、めっちゃ死にそうになる時もあるんですけど。前日計量とかはまだ何も、メンタルも来てないです。『やっとご飯食べれる』くらいの気持ちです(笑)。

(大阪でタイトルマッチを、という気持ちは?)そうですね、言っていただいた対戦相手はいつでも、どこでも、誰とでもやらせていただくんですけど。地元の大阪では、めちゃめちゃしたいなーと思ってるんで、ぜひオファー待ってまーす。

(誰とやりたい、はない?)そうですね。ホンマに『やってみてほしい』っていう意見がいただければ、その人ともちろんやってみたいですし。逆に、皆さん、誰と僕、してほしいのかなって思うんで。バンバン話題に上げて貰って、ツイッターとかインスタでつぶやいていただけたら嬉しいなって思います。ハッシュタグK-1と、ハッシュタグ椿原だけ付けてください。お願いしまーす。

(昨日の試合を乗り越えて、今の時点で「理想の自分」、完成図は思い浮かんだ?)そうですね、僕の完成図っていうのが自分の中ではっきりしてないところではあるんですけど。こんな選手になりたい、と言われた時に『椿原選手みたいな戦い方』って、一つの代表、みたいな。戦い方の代表の例になるような選手にはなりたいな、っていう風には思ってます。そのためにはもっと時間が必要になるんで、いったんちょっと、しっかり練習もして、やっていきたいなって思ってます」

 

選手登録