2021.04.17

 4月17日(土)都内にて、5月23日(日)に東京・大田区総合体育館で開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN」の第一弾カード発表記者会見が行なわれた。

 会見冒頭では中村拓己K-1プロデューサーが、「原点回帰」、「ワンデートーナメント復活」、「未来のスターの青田買い」という3つの大会コンセプトを発表。

 3.28「K’FESTA.4 Day.2」日本武道館大会のメインイベントではエースとしてK-1を引っ張ってきたチャンピオンの武尊と、Krushから一つずつ実績を積み上げ、最強の挑戦者となったレオナ・ペタスがタイトルマッチで激突。武尊の劇的なKO勝利で終わったが、K-1の歴史に残るような素晴らしい試合を見せたことで、「我々にとっても、一ついい意味で旗揚げからやってきたことの形になったと思いますし、区切りがついたと思いました。そういった意味ではこの大田区大会は新たなスタートとなると思います」と、この大田区大会を「原点回帰」の大会と位置づけた。

 そして、この大会ではK-1ならではの醍醐味であった「ワンデートーナメント」を復活させる。コロナ禍で海外から選手が呼べない状況が続いたことで、ワンデートーナメントも開催することができなかったが、1年2カ月ぶりに開催。それが今回発表されたK-1バンタム級日本最強決定トーナメントだ。

 既に組み合わせも決定しており、トーナメント一回戦の第1試合が橋本実生vs大村修輝、第2試合が壬生狼一輝vs野田蒼、第3試合が松本日向vs鵜澤悠也、第4試合が黒田斗真vs池田幸司となっている。「未来のスターの青田買い」という3つめのコンセプト通り、平均年齢20.75歳という若い日本人8選手たちが覇を争うことになった。

 また、中村プロデューサーが「K-1の中心になっていくポテンシャルを持っている選手」と期待を寄せるこの8選手は、全員がK-1のアマチュア大会に出場して実績を残してきたという共通点もある。アマチュア大会を開催し続け、選手の発掘に力を注いできた中村プロデューサーも、「意義のあることだと思っています」と感慨深げに語るトーナメントとなった。

 トーナメント第4試合では、Krushバンタム級王座決定トーナメントに出場し、共に優勝者の吉岡ビギンと接戦を展開しながら敗れた黒田と池田の両選手が激突。会見場に登場した時の写真撮影時に、いきなり池田とフェイス・オフをした黒田だが、「相手の目を見たら燃える気持ちも出てくると思うんで、そういう意味でやりました」と自ら闘志を燃やす意図があったようだ。

 中村プロデューサーからは技術力やスピードを評価されているが、「全員ボコボコにして、しっかりサクッと優勝したいと思っています」と意気込みをコメント。「最軽量級なんでスピード感と技術力をアピールして、今どの階級も盛り上がっていると思うんですけど、終わった時にバンタム級が一番おもしろかったなと思われるようにしっかりアピールしていきたいなと思います」と新階級の盛り上げにも力を注ぐ。

 対する池田は「僕はこの中で一番センスと実力があると思っています」と自信たっぷりだが、それ見合った評価を受けてないことに不満を持っており、「いつか自分の実力を証明してやりたという反骨心を持って練習に励んできました。なので、こういうK-1という最高の舞台で、自分の実力を証明できるチャンスが来たので今、凄いワクワクしています」と、訪れたチャンスに身震いしている様子だ。

「K-1で活躍している選手はパンチとロー主体の選手が多い中で、僕は多彩な蹴り技を使って戦うので、そういう自分の蹴りの殺傷能力だったり、パンチの攻撃力を見てもらいたいです」と、自信の能力を全開にし、下馬評を覆しての優勝を狙う。

池田幸司
「僕はこの中で一番センスと実力があると思っています。でも、今まであんまり注目されてこなかったので、いつか自分の実力を証明してやりたという反骨心を持って練習に励んできました。なので、こういうK-1という最高の舞台で、自分の実力を証明できるチャンスが来たので今、凄いワクワクしています。やってやります。(トーナメントのオファーを受けた時の感想とアピールしたいところは?)オファーを受けた時の気持ちは先程の意気込みとかぶってしまうんですけど、僕は実力があると思っています。でも、それに伴った注目をされていなかったので、そういうものを覆していきたいなとオファーを受けた時に思いました。アピールポイントは今はK-1で活躍している選手はパンチとロー主体の選手が多い中で、僕は多彩な蹴り技を使って戦うので、そういう自分の蹴りの殺傷能力だったり、パンチの攻撃力を見てもらいたいです。(黒田選手にフェイス・オフを仕掛けられてどうだった?)相手の目を見たら目が凄いピクピクしてたので、ビビってんのかなと思いました。けど、自分も足が震えていました」

黒田斗真
「今回このようなチャンスをいただきありがとうございました。今回、オファーを受けた時はやっと来たかって感じで凄く楽しみにしています。全員ボコボコにして、しっかりサクッと優勝したいと思っています。(トーナメントのオファーを受けた時の感想とアピールしたいところは?)オファーを受けた時はやっと来たかという感じで、アピールしたいポイントは最軽量級なんでスピード感と技術力をアピールして、今どの階級も盛り上がっていると思うんですけど、終わった時にバンタム級が一番おもしろかったなと思われるようにしっかりアピールしていきたいなと思います。(求められてないのに写真撮影の時にフェイス・オフを仕掛けたのはどんな意図があった?)特に理由はないんですけど、相手の目を見たら燃える気持ちも出てくると思うんで、そういう意味でやりました」

 

選手登録