2021.03.29

 3月29日(月)都内にて「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~K’FESTA.4 Day.2~」日本武道館大会の一夜明け会見が行われた。

 MIOはスーパーファイトで山田真子と対戦。1R、2Rと右ストレートで元ボクシング王者の山田からダウンを奪うと、3Rもカウンターが冴え、判定は30-26、30-26、30-25の3-0。MIOが待望のK-1初勝利を飾った。

 MIOは勝利について「初戦で負けて、けっこう自信もなくなってたところだったので、本当にうれしかった」と振り返ると、「今回は気持ちでガンガンいこうと決めてたのが勝因」と分析。そして、今後は45~46kgでの戦いも視野に入れつつ、「いずれは高梨knuckle美穂選手にリベンジしたい」と意気込みを見せた。

「(試合の感想は?)こんにちは、KRESTのMIOです。昨日はあらためてたくさんの応援ありがとうございました。本当にあんなすばらしい舞台で試合ができたことを、『幸せ者だな、私は』と実感しています。ありがとうございました。

(一夜明けての心境は?)初戦で負けて、けっこう自信もなくなってたところだったので、本当にうれしかったですね。ちょっと自分に自信を持って、これから戦っていきたいなと思いました。

(自身の試合を振り返って?)けっこう、いろんなかたから『いままでで一番動きがよかったよ』とか言ってもらえて。自分自身もすごく身体も動きやすくて、よかったなと実感してます。(前回と比べて自分が成長したところは?)やっぱり気持ちですかね。前回の気持ちの弱さも、すごい反省点だったので。今回はガンガンいこうと決めてたので、そこが勝因かなと思います。

(今後の目標は?)いずれは高梨選手にリベンジしたいと思っているので。しっかりコツコツと一戦一戦、これからも勝ち続けてリベンジできたらなと思っています。(今後の階級については?)実際戦ってみて、自分的によかったというのもあったので、45kgも視野に入れてますし。高梨選手を倒したいということで48kg、幅広くといいますか、そのあたりで戦っていければなと思ってます。しっかりフィジカルも鍛え直したいので、コツコツとやっていきたいと思います。

(ファンは菅原美優選手との対戦を期待してると思うが?)あ、そうなんですか、本当ですか?(笑)。いやあ、倒したいですね。彼女はすごく華があって、ちょっと勝手に倒したい一人になっているので(笑)。やってみたいとは思っています。(今回のチームとしての作戦は?)自信を持っていけとずっと言われていたので、本当に気持ちの面だと思いましたね。(パンチの進化が感じられたが?)でも、もっともっとできると思っているので。しっかり倒しきれるファイターになりたいと思っています。

(どうやって精度を上げていきたい?)やはりKRESTというすばらしいチームの中でやらせてもらっているので。KRESTの練習をしっかりして、自分に取り入れてKOできる選手になれるかなと思っています。(自分の理想のファイターに向け、何%いってると思う?)まだまだ50\%あたりですかね。もっといけると信じてます」

 

選手登録