2021.03.29

 3月29日(月)都内にて「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~K’FESTA.4 Day.2~」日本武道館大会の一夜明け会見が行われた。

 第4試合では高梨knuckle美穂が、MARIとK-1女子ミニマム級スーパーファイトで対戦。一進一退の攻防を繰り広げ、延長にまでもつれ込む接戦を制し、辛くも判定勝利をもぎ取った。

 これでプロデビューから7戦無敗と記録を伸ばしたが、「悔しいという一言です。内容は正直勝ちっていう内容じゃなかったんで、いつ再戦してもいいように、今日からまたがんばりたいっていう気持ちです」と、試合内容に悔しさをにじませた高梨。

「今のままじゃミニマム級のベルトは獲れないと思ってるんで、フィジカルからいろいろ全部において、レベルアップできるようにしていきたいと思います」と、目指すK-1女子ミニマム級の王者になるためにも、さらなる成長を誓った。

 K-1初参戦となった昨年の9.22K-1大阪大会では元シュートボクシング王者のMIOに判定勝利。元Krush女子アトム級王者の貫禄を見せつけたが、そのMIOも今大会でプロ無敗の山田真子を破って、K-1初勝利を上げた。

 このMIOとの再戦について、「正直、もう一回やりたいなと思ってた」と高梨。「昨日はダウンを2回奪ったということで、後で映像は見たいなと思います。楽しみですね」と意欲を見せていた。

「昨日は応援ありがとうございました。悔しいという一言です。内容は正直勝ちっていう内容じゃなかったんで、いつ再戦してもいいように、今日からまたがんばりたいっていう気持ちです。(映像を見て振り返って、改めてどんな内容の試合だった?)映像では振り返れてないんですけど、動きが悪かったなって思います。

(今回見つかった課題はどのように修正していく?)課題はちょっと今日ジムに行って、トレーナーと一緒に見てもらって、これからの課題を考えようかなと思っています。(今後の目標は?)今のままじゃミニマム級のベルトは獲れないと思ってるんで、フィジカルからいろいろ全部において、レベルアップできるようにしていきたいと思います。

(MIO選手が高梨選手にリベンジをしたいと言っていたが?)私はいつやってもいいっていうか、やりたいなと思います。(MIO選手は山田真子選手に勝ったが、自分と今戦ってもいい資格ができたと思う?)正直、もう一回やりたいなと思ってたんで、昨日はダウンを2回奪ったということで、後で映像は見たいなと思います。楽しみですね。

(トレーナーのシラーさんはタイに帰る?)そうですね。タイに帰っちゃうんで、最後にKOした姿をちょっと見せたかったなと思ってました。(今まで教わっていたコーチがいなくなることで不安は?)不安がないと言ったら嘘になりますけど、シラー先生がいなくなったからといって、もっと強くなった姿をタイから見てもらいたいんで、そこは自分と向き合ってがんばっていきたいと思います」

 

選手登録