2021.03.03

 3月28日(日)東京・日本武道館で開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~K'FESTA.4 Day.2~」の[スーパーファイト/-56kg契約/3分3R・延長1R]でダウサコン・モータッサナイと対戦する玖村将史のインタビューを公開!

――対戦カードが二転三転しましたが、3.28武道館大会でダウサコン選手と対戦することが決定しました。どんな心境ですか?

「全部合わせると5回ぐらい対戦カードが変わって、その度に相手の対策をしていたんですけど、普段こういうことはないし、普通にできない経験だったので、逆にいい経験になりました(笑)」

――ここまで対戦相手が変わったことは過去にありましたか?

「一度くらいはあったと思うんですけど……相手が変わっても比較的すぐに決まっていたんですよ。ここまで変わったことはなかったですね。今回の相手(ダウサコン)も発表直前に決まって、会見で印象とかを聞かれてもまだ分からなくて(笑)。練習中に代表から『相手が変わったよ』って言われたんですけど、もう何とも思わなかったです。ちゃんと発表されたので安心しました(笑)」

――結果的にタイ人選手との対戦になりましたが、玖村選手としてはどんな試合を見せたいですか?

「K-1でもタイ人が活躍していますけど、スーパー・バンタム級ではそんなに上手いこといかないよっていうところを見せたいです。ダウサコンは色んな日本人ともやっていますし、圧倒的に倒して他の選手とのレベルの差も見せたいですね」

――ボクシングに転向した武居由樹選手もタイ人選手には苦戦していました。ここでしっかり勝てば玖村選手の強さを証明することができると思います。

「そうですね、武居選手とはK-1で直接試合ができないので、武居選手が苦戦した相手やタイ人を圧倒的に倒せばいいのかなと思ってます。“今やったらもう玖村の方が強いな”と思わせるような試合をしたらいいし、それをやるのが一番早いかなと思うので、誰も文句言わせないような勝ち方を続けていきたいです」

――今、玖村選手が見ているところはそこなんですね。

「はい。一番強くなることを目標にやってます」

――K-1のベルトはその象徴になるものです。今年こそK-1のベルトを巻きたいですか?

「ベルトは絶対に獲らないといけないと思うし、ベルトを獲ってからの方が考えてることがたくさんあります。それを実現するためにも、必ずベルトを獲ります」

――次の試合はそのための第一歩となります。最後にファンのみなさんへのメッセージをお願いします。

「前の試合からのレベルの上がり方を見せたいし、“もうこの階級に玖村の相手はいない”と言われるような試合をします。今はベルトを巻いていないですが“間違いなく玖村がチャンピオンやな”と思われる試合を見せるので、楽しみにしていてください」

 

選手登録