2021.02.24

 3月21日(日)東京ガーデンシアターで開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~K'FESTA.4 Day.1~」の[スーパーファイト/-75kg契約/3分3R・延長1R]でジュリオ・セザール・モリと対戦する神保克哉のインタビューを公開!

――今回-75kg契約での試合となります。スーパー・ウェルター級よりも重い契約体重での試合になりますが、通常体重はどのぐらいなのですか?

「普段82kgくらいないんで、今回はナチュラルで試合できるかなって思ってます。スーパー・ウェルター級でやってた時は70kgまで減量してたんですけど、わざわざ死にそうなりながら減量して、自分を弱くしてまで試合する必要あるの?って思うようになって。減量しないで試合する方が強いと思って、今回この体重で試合を組んでもらいました」

――スーパー・ウェルター級時代は減量の影響が大きかったのでしょうか?
「そうですね。あそこまで減量すると全然動けなくなっちゃうので(苦笑)。それだったら減量しないでそのまま出るか、体重を増やそうと思いました」

――なるほど。今はどのように練習・調整しているのですか?

「体重のことを気にしないで生活できてるので、コンディションがいいですね。全くストレスがないし、減量のことを考えないで練習ができるので最高っす」

――今の神保克哉が一番強いですか?

「100%今の方が強いし、自信しかないです。今回は絶対KOできると思うんで楽しみにしていてください」

――対戦相手ジュリオ・セザール・モリ選手の印象はいかがでしょう。

「初参戦ですけど結構おじさん(※37歳)じゃないですか? 試合の感じも“歳が行ってるな”という印象なんで、今回は“オヤジ狩り”です(笑)」

――対戦カード発表会見ではスーパー・ウェルター級(70kg)とクルーザー級(90kg)の間に新しい階級を作ってほしいというリクエストもありました。

「細かく何kgがいいっていうのはないんですけど、70kg~80kgの間に1階級できたらいいなと思います」

――そのためにも今回の試合は新階級設立に向けた試金石になりますよね。

「そうすね、自分で新しい階級を作って、自分が初代チャンピオンになるのが理想です。まあそのためにも俺が負けたら話にならないんで、いい試合をして勝ちまくってインパクトを残します」

――それでは最後にファンのみなさんへのメッセージをお願いします。

「サンテンニイイチ!オヤジ狩り! 楽しみにしていてください!」

 

選手登録