2021.02.15

 3月21日(日)東京ガーデンシアターで開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~K'FESTA.4 Day.1~」の[K-1 WORLD GPフェザー級タイトルマッチ/3分3R・延長1R]で王者・江川優生と対戦する挑戦者・椿原龍矢のインタビューを公開!

――昨年9月のK-1大阪大会で江川選手にスーパーファイトで勝利し、今回のタイトル挑戦が決まりました。まず前回の試合を振り返ってもらえますか?

「練習したこともいっぱい出てたし、自分的にはよかった試合かなって思います。自分の距離を取って戦うことは大前提で、倒せるところではしっかり強いパンチを打つ。倒せはしなかったですけど、そういうタイミングでパンチを打てたのはよかったかなと思います」

――ずばりチャンピオンに勝てた最大の理由はなんでしょう?

「長い間練習のモチベーションを保つのって大変なことだと思うんですけど、それをずっと保つことができる周りの環境や練習に付き合ってくれるチームメイトも勝因の一つじゃないかなって思います」

――江川選手に勝って変わったことはありますか?

「僕が変わったこともなければ、周りが変わったことあまりなくて…。“もっとみんな褒めてくれてもいいのにな”と思ったりしました(笑)」」

――試合後に江川選手の怪我も報じられましたが、万全の状態の江川選手に勝ちたかったという想いはありますか?

「当日怪我していたらしょうがないことですし、怪我をしている江川選手に勝てなかったら『チャンピオンになる!』とかも言ってられないので、あの日は僕の方が強かったのかなと思います。今回は万全で来てくれると思うので、楽しみです」

――椿原選手はK-1アマチュア・K-1甲子園から戦ってきて、K-1のピラミッドの頂点に手が届くところまで来ました。感慨深い思いはありますか?

「長かったような気もするんですけど、短かったような気もするし、必死こいてやってたらアッという間だったなっていう感じはしますね。でもちゃんと頑張ってやってきて結果が出て、挑戦するだけだったら意味がないんですけど、ここでしっかりベルトを獲れたら“やってきてよかったな”と思えるでしょうね」

――椿原選手の中ではタイトルマッチということと江川選手に勝つこと、どちらが大きいですか?

「まずは目の前の相手を倒すこと、別に江川選手じゃなくてもタイトルマッチじゃなくても勝つことに変わりはないんで、特にそこはあまり気にしないようにはしています」

――いつもそんな気持ちで試合に臨むのですか?

「そうですね、毎回目の前の試合に勝ったら絶対次が見えてくると思って、それだけを考えてやってきました」

――では、今回は誰が相手だからとか、そういう風にはあまり考えないと。

「あんまり気にしないですね。ちなみに僕、試合前はめっちゃ緊張するんで、毎回『この試合が終わったら1回引退します』っていうのを代表に伝えてリングに上がるんですよ。試合のたびに“もう帰りたいな”と思っちゃうんで、“いや、アカン!アカン!アカン!”と自分に言い聞かせるというか。代表も僕の引退宣言は毎度のことなんで『はいはい、またか。今やったらまだ撤回できるぞ』みたいに言ってくれるんですけどね(笑)。なんかそのやりとりが試合前のルーティーンになってますね」

――分かりました(笑)。それでは最後にファンのみなさんにメッセージをお願いします。

「今回は『K'FESTA』というK-1の一番大きい大会で、メチャメチャ出たかったですし、リングの上でベルトを獲って、黄金のテープがパシャーンってなって、それを浴びるやつをめっちゃやりたいんです(笑)。今回それが行けるんちゃうかなと思って気合い十分なんで、当日僕がベルトを巻く姿を見に来てくれたり、テレビの画面越しででもしっかり見とってくれたら嬉しいなって思います」

 

選手登録